コジョンド愛

コジョンドと松浦果南と上本博紀がしゅき

はじめに

f:id:chiben_620:20200121000425j:plain

こんにちは、ちべんです。普段はコジョンドと一緒にシングルレート対戦をしています。

ポケモンと野球とラブライブ!が好きです。阪神ファンの方仲良くしてください!

 

f:id:chiben_620:20200723022204p:plainf:id:chiben_620:20200120235432p:plainf:id:chiben_620:20200723022544p:plainf:id:chiben_620:20200420010244p:plainf:id:chiben_620:20200420010308p:plain

 

・8世代ランクマッチ戦績(2桁↑のみ)

S6 最高最終2117(98位)

f:id:chiben_620:20200519180500p:plainf:id:chiben_620:20200501112614p:plainf:id:chiben_620:20200429000756p:plainf:id:chiben_620:20200430114844p:plainf:id:chiben_620:20200430115014p:plainf:id:chiben_620:20200520121401p:plain

 

S5 最高最終2132(30位)

f:id:chiben_620:20200430114844p:plainf:id:chiben_620:20200430115014p:plainf:id:chiben_620:20200430114916p:plainf:id:chiben_620:20200501112614p:plainf:id:chiben_620:20200430114935p:plainf:id:chiben_620:20200420014140p:plain

 

S3 最高最終2135(71位)

f:id:chiben_620:20200301085852p:plainf:id:chiben_620:20200301085544p:plainf:id:chiben_620:20200301093324p:plainf:id:chiben_620:20200301090301p:plainf:id:chiben_620:20200301093335p:plainf:id:chiben_620:20200301090531p:plain

 

 

・7世代シングルレート戦績(2000↑のみ)

S17 最高2055

S16 最高2092/最終2042(75位)

f:id:chiben_620:20191115015940p:plainf:id:chiben_620:20191115020057p:plainf:id:chiben_620:20191115020201p:plainf:id:chiben_620:20191112175127p:plainf:id:chiben_620:20191112175138p:plainf:id:chiben_620:20191112174022p:plain

 

S14 最高2004

S13 最高2035/最終2013(147位)

f:id:chiben_620:20191115015940p:plainf:id:chiben_620:20191115020057p:plainf:id:chiben_620:20191115020201p:plainf:id:chiben_620:20191112175127p:plainf:id:chiben_620:20191112175138p:plainf:id:chiben_620:20191112174250p:plain

 

S12 最高2075

f:id:chiben_620:20191115015940p:plainf:id:chiben_620:20191115020057p:plainf:id:chiben_620:20191115020201p:plainf:id:chiben_620:20191112175127p:plainf:id:chiben_620:20191112175138p:plainf:id:chiben_620:20191112171026p:plain

 

S11 最高2084/最終2007(220位)

f:id:chiben_620:20191115015940p:plainf:id:chiben_620:20191115020057p:plainf:id:chiben_620:20191115020201p:plainf:id:chiben_620:20200420011306p:plainf:id:chiben_620:20191112175138p:plainf:id:chiben_620:20200420011327p:plain

 

S7 最高2025

f:id:chiben_620:20191115015940p:plainf:id:chiben_620:20191115020057p:plainf:id:chiben_620:20191112172519p:plainf:id:chiben_620:20191112172854p:plainf:id:chiben_620:20191112170721p:plainf:id:chiben_620:20191112173656p:plain

 

S7 最高2046

f:id:chiben_620:20190516085823p:plainf:id:chiben_620:20190516090912p:plainf:id:chiben_620:20190516090921p:plainf:id:chiben_620:20190516090930p:plainf:id:chiben_620:20190516090940p:plainf:id:chiben_620:20190516090947p:plain

 

ツイッターもやっていますので、フォローしてもらえると嬉しいです。

本垢→@CHiBen_620

野球垢→@uemoto_620

 

サブブログもたまに書いているのでよかったら見ていって下さい!

https://sakanan2837.hatenablog.com

【ポケモン剣盾 S9】ぼっちコジョミトムドー【最高2038/最終19xx・417位】

f:id:chiben_620:20200901211859j:plain

 

はじめに

こんにちは、ちべんです。結果は伴いませんでしたが、鎧環境は最後なので気合入れて書きます。書きたいので書きます。構築名は、孤独を感じて寂しかったのでこのようにしました。語呂の良さからコジョミトムドーとつけましたが、この3体が基本選出というわけではないです。あと最終日お話してくれる人募集してます。

 

レンタルチーム

f:id:chiben_620:20200901211810j:plain

 

構築経緯

1→6

1.一番好きなポケモンで、現状で一番性能が高いと思っている襷コジョンド

2.使い慣れた特殊受けで、詰ませ性能の高い瞑想HDピクシー

3.威嚇込みでスタンダードなエースバーンを受け切れるHBウインディ

 

これらの3体@3を色々試しているうちに、珠+ラム@1の形が一番しっくりときたので、この形を目指した。

 

4.珠枠で、特にサイクルの天敵であるパッチラゴンに切り返しやすい最速ドラパルト

5.ラム枠で、かなり刺さりの良かった悪巧みWロトム

6.連撃ウーラオスドリュウズに比較的強く、ステロも撒けるゴツメエアームド

f:id:chiben_620:20200827033429p:plainf:id:chiben_620:20200827033442p:plainf:id:chiben_620:20200827033456p:plainf:id:chiben_620:20200827032730p:plainf:id:chiben_620:20200827033054p:plainf:id:chiben_620:20200827032834p:plain

完成!

 

コンセプト

1.コジョンドは左上

2.サイクルから攻め、或いは攻めから詰ませへのスイッチ

 

個体解説

f:id:chiben_620:20200827183131p:plainコジョンド

f:id:chiben_620:20200827031637p:plain

持ち物:気合の襷

特性:精神力

性格:陽気

数値:140-177(252)-80-x-81(4)-172(252)

技構成:インファイト/叩き落とす/岩石封じ/フェイント

 

可愛い。サイクルが無理と感じた相手にはほとんど投げていた。刺さりがいい時は受けの駒と出すこともあったが、基本は対面思考。襷まで削れてもジバコイルやポリゴン2に仕事ができるので、なるべく残すことを心掛けた。特性は、威嚇が効かないことや初手のスカーフトゲキッスへの行動保証などから、少なくとも今期は精神力一択だと感じた。

 

f:id:chiben_620:20200827183325p:plainWロトム

f:id:chiben_620:20200827031957p:plain

持ち物:ラムのみ

特性:浮遊

性格:控え目

数値:155(236)-x-128(4)-154(116)-129(12)-124(140)

 H 余り

 C 11n

 S -1でS12振りポリゴン2抜き

 B<D

技構成:ハイドロポンプ/10万ボルト/悪の波動/悪巧み

 

ラム枠。コジョンド、ドラパルト、ウインディ、ピクシーが全員カバルドンに強くないので、この枠には受け崩しができてかつカバルドンを起点にできてスタンパにも出せる駒を求めた。カバポリを崩すことができ、エースバーンとの撃ち合いもそこそこ強い。しかし対ポリゴン2はパワースワップダイマックスに安定せず、思った通りの働きをできないこともあった。ゴリランダー入りにチキって出さないせいで負けることも多かったので、もっと信用するべきだった。Hが低くて耐久がそこそこあるロトム系統は、ピクシーの願いサイクルと相性が良く、実際にピクシーがエースバーンに後投げされる場面で願い事が押せていればこの子に引けたのが優秀だった。

 

f:id:chiben_620:20200827183854p:plainエアームド

f:id:chiben_620:20200827032009p:plain

持ち物:ゴツゴツメット

特性:頑丈

性格:腕白

数値:172(252)-100-211(252)-x-90-91(4)

技構成:ダブルウィング/ボディプレス/羽休め/ステルスロック

 

最後に入ってきた駒で、ウインディが苦手とする連撃ウーラオスドリュウズに比較的強い物理受け。この枠は受け駒を採用するか攻め駒を採用するか色々試していたが、コジョンドが連撃ウーラオスと対面した時に引くだけで大きなアドバンテージを得やすいゴツメ持ちの物理受けを採用した。さらに、構築に欲しかった要素であるステルスロックも撒くことができ、行動保証があるのでステロを撒くために初手に置くことも多かった。ボディプレスは安定打点かつ構築単位で重いジバコイルを誘い殺すことができ、ダブルウィングの枠は初めは吹き飛ばしだったが思ったほど撃たなかったので変更した。エルフーンに強くなると思ったがエルフーンの身代わりを壊せない悲しいポケモン。性能は大満足だった。

 

f:id:chiben_620:20200827184049p:plainウインディ

f:id:chiben_620:20200827032023p:plain

持ち物:オボンの実

特性:威嚇

性格:腕白

数値:196(244)-132(12)-145(252)-x-100-115

 H ステロ2回でオボン発動

 A 余り

 B 極振り

技構成:フレアドライブ/じゃれつく/神速/朝の陽ざし

 

エースバーンを始めとした物理アタッカーを受ける駒。エースバーンに対する遂行速度や、引かれた際の裏への負担を優先して物理型で採用した。こちらのHPに余裕がない状況からでもエースバーンの膝に対して切り返すじゃれつく+神速を採用し、鬼火を切ったが特に不便は感じなかった。メインウェポンは反動のデメリットより、引き先にかける負荷を優先してフレアドライブトゲキッス引きに役立つことがかなり多かった。残りの一枠は受け切るための朝の陽ざし。じゃれつくは一撃ウーラオスを仕留められるという副産物があり、ドラパルトの裏に置く物理受けとして優秀に感じた。受け回しの駒でありながら、サイクルの過程でウインディの神速圏内に入れる動きがかなり強く、受け切ることだけを目指すよりも勝ちを拾いやすくなったと感じた。またダイマックスすることも多く、ダイウォールのために朝の陽ざしのPPが犠牲になる点以外はとても強かったが、そのせいでPPが足りなくなることは一度もなかった。

 

f:id:chiben_620:20200827184304p:plainドラパルト

f:id:chiben_620:20200827032035p:plain

持ち物:命の珠

特性:クリアボディ

性格:陽気

数値:163-172(252)-95-x-96(4)-213(252)

技構成:ドラゴンアロー/ゴーストダイブ/竜の舞/身代わり

 

並外れたSから一貫しやすいゴースト技を高火力でぶっ放すことができる。スカーフを持たせずともパッチラゴンのストッパーになれる点がサイクルパにおいて非常に強く、メガ枠のようなイメージで使っていた。とても強かったが使うのが下手で、性能を最大限生かせなかったのが反省点。

 

f:id:chiben_620:20200827184541p:plainピクシー

f:id:chiben_620:20200827032042p:plain

持ち物:食べ残し

特性:天然

性格:穏やか

数値:202(252)-x-93-115-156(252)-81(4)

技構成:ムーンフォース/瞑想/願い事/守る

 

使い慣れた特殊受けかつサイクル選出の軸で、自身が詰め筋になるために瞑想を採用した。瞑想はかなり強く、この技のおかげで勝った事が何度もあったが、ステルスロックを採用しないとウインディピクシー+攻めの選出でエースバーンやトゲキッスにステロサイクルが仕掛けられないため、ステロ採用に比べると二長一短といった感じ。過去2シーズンサイクルを諦めてこの子を使っていなかったが、最高のポケモンだった。

 

選出

理想はウインディ+ピクシー@1。

 

・攻め1受け2

f:id:chiben_620:20200827033054p:plainf:id:chiben_620:20200827032730p:plainf:id:chiben_620:20200827032834p:plain

基本選出。受け回しから速いドラパルトを通すか、序盤のダイマックスから受けで詰ませる。

 

f:id:chiben_620:20200827033442p:plainf:id:chiben_620:20200827032730p:plainf:id:chiben_620:20200827032834p:plain

カバルドン入りにウインディピクシーで出したい時や、Wロトムの通りが非常にいい時など。スタンパにほぼこれで出していたので一番多い選出。

 

f:id:chiben_620:20200827033456p:plainf:id:chiben_620:20200827032730p:plain+(f:id:chiben_620:20200827033054p:plainorf:id:chiben_620:20200827033442p:plain)

物理受け2枚選出。この選出の一番の利点はエースバーン入りにステロサイクルができること。

 

f:id:chiben_620:20200827033456p:plainf:id:chiben_620:20200827032834p:plain+(f:id:chiben_620:20200827033054p:plainorf:id:chiben_620:20200827033442p:plain)

物理の引き先がエアームドで問題ない時。おそらく一番強い選出だが、エースバーン入りにこの出し方をできない。

 

・攻め2受け1

f:id:chiben_620:20200827033429p:plainf:id:chiben_620:20200827033442p:plainf:id:chiben_620:20200827033456p:plain

構築名。ステロ+Wロトムの通りが非常によく、@1はダイマックスを使わずに荒らせるコジョンド。初手コジョンドvs連撃ウーラオスエアームドに引くと半分削れる。ちょくちょくこの形で出した。

 

f:id:chiben_620:20200827033442p:plainf:id:chiben_620:20200827033054p:plainf:id:chiben_620:20200827033456p:plain

エアームドのステロ展開から相手の選出を見ながらWロトムかドラパルトのどちらかで詰めていく。エアームドは物理の引き先にもなれるが、対面選出に近い。

 

f:id:chiben_620:20200827033429p:plain+(f:id:chiben_620:20200827033442p:plainorf:id:chiben_620:20200827033054p:plain)+(f:id:chiben_620:20200827033456p:plainorf:id:chiben_620:20200827032730p:plainorf:id:chiben_620:20200827032834p:plain)

コジョンドで荒らし或いはストッパー+通す攻め駒+クッション1。前のめりにしたいがWロトムかドラパルトどちらかが刺さっていない時にこの選出になることが多く、ウインディ選出ならエースバーンに引ける、エアームド選出ならウーラオスに引けるなど、それぞれ長所があるがあくまで攻め思考。

 

・攻め3

f:id:chiben_620:20200827033429p:plainf:id:chiben_620:20200827033442p:plainf:id:chiben_620:20200827033054p:plain

サイクルする自信がない時か、攻めで崩す自信がある時の選出。実はかなり多い選出。

 

・受け3

f:id:chiben_620:20200827033456p:plainf:id:chiben_620:20200827032730p:plainf:id:chiben_620:20200827032834p:plain

受け回し選出。簡単に崩されるので、よほど受け回す自信がある時以外この選出はしなかった。チキって受け回そうとしていっぱい崩された。エースバーンにステロサイクルができる。

 

戦績

TN ちべん 最高2036?/最終1948・525位

TN Nanacarat 最高2038/最終1974・417位

f:id:chiben_620:20200901220341j:plain

 

おわりに

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。見た目好きな並びができて、意気込んでいたので、結果が残せなくてめちゃくちゃ悔しかったです。選出が噛み合えばサクサク勝てるけど噛み合わないと秒で負けることが多かったです。プレミも多かったし実力不足です。最終日、メイン2000位サブ200位くらいからメインを頑張って上げ、3時ごろにメインもレート2000に到達し、そこから2時間ほどで両ロム2030ちょいくらいになって、行けると思いましたがそう甘くはありませんでした。最後本当に勝てなくてつらかったです。これからも地道に頑張っていきます。

 

f:id:chiben_620:20200901211932p:plain

【ポケモン剣盾】8世代コジョンドと襷型【単体考察】

f:id:chiben_620:20200824234906j:plain

 

 

はじめに

こんにちは、ちべんです。今回は8世代のコジョンド(S8現在)について、また襷型について少しまとめて記事にしようと思います。7月頭に大まかに書き上げ、近いうちにまとめて公開しようと思ったら1か月半経過してしまいました。なので少し時間のずれがある箇所もありますがご了承ください。

 

コジョンドについて

f:id:chiben_620:20200824220934g:plain

タイプ:格闘

特性:精神力/再生力

隠れ特性:捨て身

種族値:65-125-60-95-60-105

すごく可愛らしい見た目をしたポケモンである。攻撃力がかなり高く、特攻素早さもそこそこ高いが、耐久はかなり脆い。なので、物理寄りのアタッカーが基本的な役割になる。

 

8世代での変更点

f:id:chiben_620:20200824220748g:plain

覚える技が増えた(インファイトブレイズキック、高速移動など)

・覚える技が減った(先取り、目覚めるパワー、ダブルチョップなど)

特性:精神力の強化(威嚇無効)

これまでに覚えた有用な技はほとんど没収されておらず、特に叩き落とすはもともとタマゴ技だったこともあり、タマゴ技としてそのまま残っている。7世代まで一致技は飛び膝蹴り一択だったが、8世代にて命中安定のインファイトを取得することができた。さらに、7世代でほとんど使うことのなかった精神力が強化されたことも相まって、安定した戦い方ができるようになった。もちろん従来のような捨て身超火力運ゲもできるので、コジョンド単体に関して言えばかなり強化されたといえる。

しかし、8世代のゲームシステムと照らし合わせると向かい風も多い。

ダイジェットが抜群

格闘単タイプゆえのダイマックスとの相性の悪さ(ダイナックルの威力が低い)

ダイマックス状態でも一致弱点で即死する程度の耐久

つまるところ、使うにしろ使われるにしろダイマックスというシステムと相性が悪い。一応コジョンド自身が飛び跳ねる媒体のダイジェットを使うこともできるが、それ以上に相性の悪さが目立つ。また、7世代で自分が使っていたような慎重HDのチョッキ型も、

ダイマックス技に受け出しから行動することが難しい

ダイマックス状態のポケモンは怯まないので序盤の猫騙しが安定行動になりづらい

不意のダイウォールに膝を透かされる

という点で今のところ7世代ほどの活躍は見込めない。2つ目、3つ目に関しては立ち回りや型の変更でどうにかなるかもしれないが、何よりも1番行いたい特殊アタッカーに受け出しから蜻蛉という動きを取りづらくなったことが厳しい。

他に考えやすい型としてスカーフ型は、前述したとおりダイマックスとの相性の悪さから、ヒヒダルマのような基本的に非ダイマで蜻蛉返りを絡めて戦う型となる。(もちろんうまく一貫を作ってダイナックルを積んで全抜きのようなシチュエーションを作ればダイマックスも強力だが。)しかし、ヒヒダルマで言ったところのダイジェットを積んだトゲキッスパッチラゴンへの切り返しのような、ダイマックスへの切り返し性能はかなり低いので、わざわざスカーフを持たせて採用するの意味もあまりない。

以上のことから、基本的に非ダイマックス前提で撃ち合いにそこそこ強く、安定した役割を果たしやすい襷精神力型が1番強いのではないかと考えた。(チョッキやスカーフも、また他の型も、まだ自分が強さに気付いてないだけかもしれないので、今後の考察次第では評価が変わる可能性はある。)

 

強い点

f:id:chiben_620:20200824235018g:plain

S105という種族値はS8現在でかなり高く、この子より速いメジャーポケモンが少ない。(7/11現在の使用率TOP50でS105以上のポケモンエースバーンドラパルト黄昏ルガルガンゾロアーク(105族)、エルフーンのみである)。この速さでそこそこの火力と技範囲もあるので有利対面は割と多く、叩き落とすや蜻蛉返りの存在も相まって有利対面を作れば大きなアドバンテージを得やすい。

威嚇を絡めた有限サイクルなどはこの子でかなり荒らすことができ、この子に余裕をもって受け出しからの受けが成立するのはフェアリータイプを除けばメジャーどころでカバルドンドヒドイデ程度である。(ウインディアーマーガアあたりにも受け切られるが、再生を強要できる程度の負荷は与えられるので一方的な不利とは言い難い。)例えば、襷の残ったこの子へのASギャラドスバックなどは、相手がダイマックスを切らない限りインファイト+岩石封じ2回で倒すことができ、耐久に振っていても十分な負荷をかけられる。

また、フェイントを採用すれば相手の襷枠との撃ち合いもかなり強くなる。

 

弱い点

f:id:chiben_620:20200824235143g:plain

一番の弱みは7/11現在のTOP3(エースバーンゴリランダードラパルト)対面で一方的な不利を取ること。フェアリーを除いたアタッカーとの撃ち合いはかなり強いが、TOP3に勝てない点が性能を大きく下げている。他には、連撃ウーラオスにも大きな隙を見せてしまう。また、フェアリータイプには滅法弱い。

 

 

型候補

f:id:chiben_620:20200824235231p:plain

持ち物:気合の襷

コンセプト

 

特性:精神力or再生力

基本的には撃ち合いに影響を与える精神力。再生力も、

・相手のスカーフ蜻蛉などのダメージを帳消しにして襷を復活させる

・襷まで削れた後にサイクルして相手の技やステロ圏外に逃げる

などといった固有の性能もあるので、十分な採用価値がある。

 

性格・努力値陽気AS252D4

Sを活かすために陽気。余りはダウンロード対策でD。耐久調整を施すとすれば、ドラパルトのドラゴンアロー耐えか、連撃ウーラオスの水流連打耐えであるが、前者は火力アップアイテムで簡単に崩されてしまうこと、後者はほぼBぶっぱになってしまうことから、AかSを落としてまでする必要はないと考えた。

 

確定技:インファイト/叩き落とす

選択技(優先度高め)蜻蛉返り/フェイント/岩石封じ

選択技(優先度低め):挑発/ブレイズキック/猫騙し/剣の舞/飛び跳ねる/アクロバット/毒突き/堪える

 

一致打点のインファイト、ゴーストやエスパーへの打点になり、有利対面で大きなアドバンテージを狙える叩き落とすは確定。残る2枠は基本的に蜻蛉返りフェイント岩石封じから選択になる。それぞれの特徴は、

蜻蛉返り:基本的には不利対面で上を取れる時に素引きする必要がなくなり、特にミミッキュの皮を剥がしながら引くことができる。また、サイクル戦になった時に機能し、展開が見えない時の様子見にも使える。相性の良さから、採用するなら再生力のほうがいいかもしれない。

フェイント:悪ウーラオスなど、先制技持ちの襷枠との撃ち合い性能を飛躍的に高める。他の先制技同様、取り巻きで圏内まで押し込んだ後にこの子で無傷で縛るといった動きも可能で、優先度+2なのでエースバーンの不意打ちのような、この子より速いポケモンの先制技の上から打てる。ただし、火力はかなり低い。

岩石封じ:この子より速く先制技のないポケモンや、飛行タイプへの対面性能が上がり、例えば眼鏡ドラパルトなどに対面で勝てるようになる。またギャラドストゲキッス相手に置物化しないので選出しやすく、リザードンウルガモスにも強くなる。

といった点である。自分はS8で、岩石封じフェイントを選んで採用していた。

 

役割

f:id:chiben_620:20200824235247p:plain

・初手の撃ち合い、および荒らし

・対面選出の3体目に置く非ダイマの撃ち合い

・サイクルの中で行動保証を利用して負担をかける

 

差別化について

f:id:chiben_620:20200824235347p:plainf:id:chiben_620:20200824235359p:plainf:id:chiben_620:20200824235347p:plainf:id:chiben_620:20200824235359p:plainf:id:chiben_620:20200824235347p:plainf:id:chiben_620:20200824235359p:plain

この子の、というかほとんどの格闘タイプの差別化対象は基本的にエースバーンウーラオス。この子の場合、ウーラオスよりも速いSはエースバーンより遅く、エースバーンより優れる性能は命中安定のインファイト、岩石封じ、叩き落とすといった技である。これらのうちインファイト、岩石封じはウーラオスも覚えることができるため、これらの3体との明確な差別化点は叩き落とす程度である。しかし、叩き落とすが貴重で非常に強力な技であることや、この子のSと技の組み合わせを考えた時に、十分に固有で魅力的な性能を持っている。

 

基本的な有利不利

f:id:chiben_620:20200824235310p:plainf:id:chiben_620:20200824235538p:plainf:id:chiben_620:20200824235310p:plainf:id:chiben_620:20200824235518p:plainf:id:chiben_620:20200824235310p:plainf:id:chiben_620:20200824235448p:plain

8/24現在のTOP50から抜粋

有利

上から一撃で落とせるか、襷で耐えて一撃で落とせるか、どのような型に対しても上から確2が取れる等。相手に引き先がいない場合は不本意な形でダイマックスを強要できることもある。

f:id:chiben_620:20200824221438p:plainf:id:chiben_620:20200824221529p:plainf:id:chiben_620:20200824221606p:plainf:id:chiben_620:20200824221636p:plain(悪)f:id:chiben_620:20200824221652p:plainf:id:chiben_620:20200824221706p:plainf:id:chiben_620:20200824222848p:plainf:id:chiben_620:20200824222954p:plainf:id:chiben_620:20200824223040p:plainf:id:chiben_620:20200824223542p:plainf:id:chiben_620:20200824223555p:plainf:id:chiben_620:20200824223634p:plainf:id:chiben_620:20200824223648p:plainf:id:chiben_620:20200824223754p:plainf:id:chiben_620:20200824223821p:plainf:id:chiben_620:20200824223927p:plain

 

不利

対面限定(ダイマックスを切られた時の止めにくさも込み)

f:id:chiben_620:20200824224307p:plainf:id:chiben_620:20200824224318p:plainf:id:chiben_620:20200824224419p:plainf:id:chiben_620:20200824221636p:plain(水)f:id:chiben_620:20200723023519p:plainf:id:chiben_620:20200824224910p:plainf:id:chiben_620:20200824225100p:plainf:id:chiben_620:20200824225446p:plain

 

受け出し

f:id:chiben_620:20200824224512p:plainf:id:chiben_620:20200824224535p:plainf:id:chiben_620:20200723023224p:plainf:id:chiben_620:20200824224801p:plainf:id:chiben_620:20200824224816p:plainf:id:chiben_620:20200824225156p:plainf:id:chiben_620:20200824225318p:plainf:id:chiben_620:20200723023656p:plainf:id:chiben_620:20200824225606p:plainf:id:chiben_620:20200824225809p:plainf:id:chiben_620:20200824230306p:plain

 

その他

上記以外のポケモンは、ダイマ無しの撃ち合いなら勝てたり、受け出し不可能であった莉、叩き落とすが大きな負担になるなど、何らかの形で負荷を与えることができる

f:id:chiben_620:20200824230325p:plainf:id:chiben_620:20200824224602p:plainf:id:chiben_620:20200824224654p:plainf:id:chiben_620:20200824224724p:plainf:id:chiben_620:20200824224940p:plainf:id:chiben_620:20200824225122p:plainf:id:chiben_620:20200723023719p:plainf:id:chiben_620:20200824225659p:plainf:id:chiben_620:20200824225911p:plainf:id:chiben_620:20200824230032p:plainf:id:chiben_620:20200824230215p:plainf:id:chiben_620:20200824230251p:plainf:id:chiben_620:20200824230047p:plainf:id:chiben_620:20200824230455p:plainf:id:chiben_620:20200824230517p:plain

 

おわりに

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。8世代のコジョンドの特徴と、襷型の考察をまとめてみましたがいかがでしたか。コジョンド解禁後はほぼこの型で運用していますが、襷枠として十分な活躍をしています。コジョンドに興味のある型や、既に他の型で使っている方にも是非一度参考にしてもらえると嬉しいです。

それではみなさん、良いコジョンドライフを!

 

質問などあればTwitter ID:@CHiBen_620までお願いします。

【ポケモン剣盾 S8】コジョンド可愛いスタン【最高2101?/最終2051・168位】

f:id:chiben_620:20200801092646p:plain



 

はじめに

こんにちは、ちべんです。目標としていた最終2桁には届きませんでしたが、そこそこ勝つことができたので、構築記事を書きます。構築名はそのまんまの意味です。

 

 

レンタルチーム

f:id:chiben_620:20200801092527j:plain

 

 

構築経緯

使いたかった襷コジョンドから構築を組み始めました。

f:id:chiben_620:20200723022204p:plain

コジョンドが対面しただけでディスアドを取るドラパルト、連撃ウーラオスに強く、エースバーンにも弱くないので初手に置きやすいチョッキアシレーヌを攻め駒の2枠目に採用しました。

f:id:chiben_620:20200723022204p:plainf:id:chiben_620:20200723023224p:plain

上2体と攻め選出を組むにあたり、エースバーンとの撃ち合い性能、エースバーン+ゴリランダーへの一貫、受け崩し性能を満たす駒として、珠パッチラゴンを採用しました。

f:id:chiben_620:20200723022204p:plainf:id:chiben_620:20200723023224p:plainf:id:chiben_620:20200723023519p:plain

受け選出として、前期使用したアーマーガア+ピクシー+ウインディを採用しました。

(ウインディの枠はアッキ3ウェポン怠けるカバルドンと気分で使い分けていました)

f:id:chiben_620:20200723022204p:plainf:id:chiben_620:20200723023224p:plainf:id:chiben_620:20200723023519p:plainf:id:chiben_620:20200723023656p:plainf:id:chiben_620:20200723023708p:plainf:id:chiben_620:20200723023719p:plain(f:id:chiben_620:20200723023901p:plain)

特殊エースバーンや剣舞ゴリランダーが蔓延している環境で受けに回ることが弱いと考えた(そもそも全然出せなかった)ので、刺さっていると感じたアーマーガアだけを残し、ピクシー+ウインディを解雇しました。

f:id:chiben_620:20200723022204p:plainf:id:chiben_620:20200723023224p:plainf:id:chiben_620:20200723023519p:plainf:id:chiben_620:20200723023656p:plain

トゲキッス、パッチラゴンを始めとした、ダイジェットエースへの切り返しが弱いと感じたので身代わりチイラミミッキュを採用し、攻めの意識の強い構築に切り替えました。

f:id:chiben_620:20200723022204p:plainf:id:chiben_620:20200723023224p:plainf:id:chiben_620:20200723023519p:plainf:id:chiben_620:20200723023656p:plainf:id:chiben_620:20200723024451p:plain

上の5体はエースバーンに引けないため、対面で不利を取らない(あわよくば切り返せる)ことがこの枠の必須条件であると考えました。また欲しかった性能として、炎打点、ミミッキュに弱くないこと、ドラパルトに弱くないことなどがあったので、これらを満たす駒として、ABベースのエースバーンを考え、採用しました。

f:id:chiben_620:20200723022204p:plainf:id:chiben_620:20200723023224p:plainf:id:chiben_620:20200723023519p:plainf:id:chiben_620:20200723023656p:plainf:id:chiben_620:20200723024451p:plainf:id:chiben_620:20200723025227p:plain

完成!

f:id:chiben_620:20200723022204p:plainf:id:chiben_620:20200723023224p:plainf:id:chiben_620:20200723025227p:plainf:id:chiben_620:20200723023656p:plainf:id:chiben_620:20200723023519p:plainf:id:chiben_620:20200723024451p:plain

 

 

コンセプト

コジョンドは一番上

・初手から撃ち負けないことを心掛け、パッチラゴンかアーマーガアを通す

・先行ダイマックスからミミッキュコジョンド、エースバーンでの逃げ切り

 

 

個体解説

f:id:chiben_620:20200723030321p:plainコジョンド

f:id:chiben_620:20200723030340p:plain

持ち物:気合の襷

特性:精神力

性格:陽気

数値:140-177(252)-80-x-81(4)-172(252)

 AS 極振り

 D ダウンロード対策

技構成:インファイト/叩き落とす/岩石封じ/フェイント

 

ようやくガラル地方に上陸し、半年ぶりに手持ちに帰ってきたピンク色のポケモン。とにかく可愛いです。この子についての詳しいことは一つの記事にまとめてあるので、よかったら参考にしてみてください。

(URL→近日公開予定)

最終盤までは岩石封じ→蜻蛉返りで使っていました。命中不安はネックですが、岩石封じに変更したことで対面性能があがり、出しやすくなりました。最終日はかなり選出できました。

 

f:id:chiben_620:20200723030401p:plainアシレーヌ

f:id:chiben_620:20200723030417p:plain

持ち物:突撃チョッキ

特性:激流

性格:控え目

数値:187(252)-84-102(60)-187(188)-137(4)-81(4)

 H 極振り

 B 陽気珠エースバーンのリベロダイマ飛び跳ねるが乱数1発(6.3%)

 C 11n

 DS 余り

技構成:ムーンフォース/熱湯/エナジーボールアクアジェット

 

不利対面が少なく、かなり多くの構築に投げていました。エースバーンの初手ダイマックスに出落ちしないためにこの耐久ラインは必須ですが、CとSに関しては考察が浅く、ポリゴン2やジバコイルとのS関係が曖昧だったのでもう少しSを伸ばしてもよかったかもしれません。エースバーンの初手ダイマックスに対し、オボンの実を持たせて守るを採用すれば3ターン使わせることができますが、ダイサンダー持ちの個体が無視できない数存在したので、チョッキで使っていました。アクアジェットは、削れたアシレーヌにエースバーンを死に出しされてダイマックスを切られた際、パッチラゴンのダイドラグーン圏内に押し込むことができ、他にも役立つ機会は多かったので、必須級の技であると感じました。泡沫ではなく熱湯を採用したデメリットは、身代わりミミッキュがめんどくさくなる程度で、3割で勝ちを拾えることも多かったので熱湯を採用していました。基本的には初手に置くかドラパルトやウーラオスの引き先として用意しますが、ダイマックスを切った際の性能も高いので、この子にダイマックスを切ることも少なくなかったです。サンムーン発売の時の旅パ、2016年なのでTwitterも始める前に出会った個体なので、活躍の場ができてよかったです。

 

f:id:chiben_620:20200723030401p:plainエースバーン

f:id:chiben_620:20200723030445p:plain

※キョダイマックス個体

持ち物:オボンの実

特性:リベロ

性格:陽気

数値:159(28)-162(204)-119(188)-x-96(4)-165(84)

 H 16n-1

 A 無振りエースバーンをキョダイカキュウで乱数1発(93.7%)+余った8

 B 陽気珠エースバーンのリベロダイマ飛び跳ねる(=飛び膝蹴り)が乱数1発(6.3%)

 D 無補正極振り珠エースバーンのリベロダイマ破壊光線(=破壊光線)が乱数1発(6.3%)

 S 最速ウーラオス抜き

技構成:火炎ボール/カウンター/不意打ち/ビルドアップ

 

この構築で一番の地雷枠。ミミッキュでは切り返せないエースバーン、ドラパルトに弱くない切り返しの駒です。カウンターでの切り返しとビルド、ダイナックル+不意による縛り性能を求めて採用しましたが、エースバーンにカウンターを決めることはほぼなく、色々なポケモンと撃ち合ってくれました。襷カウンターとの一番の差別化は、ダイマックスを切る選択肢も強力であることです。カバのいないエスバゴリラ系統などにはこの子がかなり刺さるので、切り返しの駒ではなく通す駒として選出することもありました。色々な状況で確定数をずらすことができたので、持ち物はオボンの実で正解だったと思います。初めは意地ABベースで考えていましたが、構築単位で最速ミミッキュがめんどくさく、そこまで抜くならウーラオスの襷つぶしも兼ねたかったのでここまで伸ばしました。

 

f:id:chiben_620:20200723031907p:plainアーマーガア

f:id:chiben_620:20200723031950p:plain

持ち物:ラムの実

特性:ミラーアーマー

性格:陽気

数値:174(4)-139(252)-125-x-105-130(252)

 H 余り

 AS 極振り

技構成:ブレイブバード/挑発/羽休め/ビルドアップ

 

この構築で唯一の再生技持ちで、電気無しのエスバゴリラカバポリ系統や、受け回しに刺さりました。HSにする利点を感じず、瞬間火力の方が重要と感じたのでAS。初めは意地っ張りで使っていましたが、+1でエースバーンを抜けないので陽気にしました。+1でエースバーンを抜けることは、選出段階で大きな意味を持ちましたが、実際に役立った場面は少なく、色々なポケモンにミリ耐えされることもあったので一長一短だと思います。持ち物は、非常に多かったカバルドンの欠伸ループを起点にできるラムのみを採用しました。他にも、ドラパルトが見えている時でもダイマックスを切りやすいなど、とても優秀でした。ダイマックスは、確実に抜いていける、或いは雑に切っても裏で切り返せる時以外には使わないように心がけていました。

 

f:id:chiben_620:20200421040134p:plainパッチラゴン

f:id:chiben_620:20200723032415p:plain

持ち物:命の珠

特性:張り切り

性格:陽気

数値:166(4)-152(252)-110-x-90-139(252)

 H 余り

 AS 極振り

技構成:電撃嘴/逆鱗/炎の牙/燕返し

 

かなり刺さっていた運ゲモンスター。エスバゴリラに一貫する点が非常に強力で、カバルドンバックにダイドラグーンを合わせればオボンでもアッキでも受からないので、引きが見える場面では積極的に切っていました。ダイジェットを積んでしまえば、相手の後発ダイマックスにえぐいダメージを与えられるので、運ゲに見合うくらいの火力のおかしさを感じました。理想は素で技を押さないことで、不利じゃない構築にはそれで十分勝ちが見込めますが、不利な構築ほど素で技を押さざるを得ないので、安定はしませんでした。本当は色違いを使いたくて、1万2343体受け取りましたが、出なかったので通常色で妥協しました。

 

f:id:chiben_620:20200723032709p:plainミミッキュ

f:id:chiben_620:20200723032727p:plain

持ち物:チイラの実

特性:化けの皮

性格:陽気

数値:132(12)-141(244)-100-x-125-162(252)

 H 4n

 A 余り

 S 極振り

技構成:じゃれつく/影打ち/身代わり/呪い

 

テンプレのチイラミミッキュです。トゲキッスギャラドス、パッチラゴン入りに対しての切り返しが非常に強力なのでこちら先行ダイマックスを通しやすく、初めて使いましたが性能はとても満足できました。でもじゃれつくはカス

 

 

選出

アシレーヌ+パッチラゴン+アーマーガア

基本選出。パッチラゴンかアーマーガアにダイマックスを切ることが多かったです。受け回しにもそこそこ安定していました。

 

コジョンド+アシレーヌ+パッチラゴン

一番前のめりな選出。この3体で撃ち合って勝てると判断した時にこの形で出し、ダイマックスはほとんどパッチラゴンに切っていました。

 

パッチラゴンorアシレーヌorエースバーン+ミミッキュ

パッチラゴン入りや、ギャラドストゲキッスが出てきそうなときの選出。初手のパッチラゴンミラーは一貫してアシレーヌバックしていました。基本的に相手の行動はスカーフ逆鱗(流石に一度もなかった)かフェアリー引きかカバ引きしかなく、一番展開が良くなるからです。

 

パッチラゴン+コジョンドorミミッキュorエースバーン

初手ダイマックス+裏での切り返しを意識した選出です。

 

コジョンド+アシレーヌ+エースバーン

動物サイクル。一番見た目が可愛い選出で、エースバーンにダイマックスを切ることが多かったですが、アシレーヌに切ってコジョンドとエースバーンで切り返す思考で立ち回ることもありました。

 

選出がへたくそなので感覚ですることが多かったですが、他にもパターンはありました。

 

 

忍法・自殺

コータスリザードンにおいて、コジョンドが行うことがあった戦法。初手にコジョンドを置き、コータスが来た場合には岩石封じから入っていました。コータスの持ち物はほぼ脱出パックであるため、Sが下がると同時に引っ込み、基本的にリザードンが出てきて、ダイマックスを切ってきます。CSリザードンの場合、岩石封じがダイマックス状態に半分以上入るので、ダイジェットから入ってきた場合は襷とSダウンのおかげで、リザードンを倒すことができます。キョダイゴクエンから入ってきた場合は、コジョンドは襷を貫通されますが、Sを1段階下げられるので、パッチラゴンの起点にすることができます。ここで問題になるのが、硬い弱点保険リザードンにダイジェットから入られた場合です。岩石封じが半分はいらず、Cを2段階上げられ、Sも±0まで戻されるので、裏から切り返すのが困難になります。しかし、襷の発動したコジョンドでダイロックを撃つことでHP半分ちょっとのダイマックスリザードンを倒すことができます。ダイマックスしたコジョンドは砂ダメで倒れてしまいますが、ダイマックスを使えないコータス+何かをダイマックスを使えないこちらの裏の2体で処理することはそこまで難しくないので、この戦術をとることがありました。

 

 

戦績

TN:ちべん 最高2101?/最終2051・168位

※2088から、その時の2000ボーダーくらいの順位の方に勝ったので、おそらく最高レートは2101くらいだと思います。証拠が残っている範囲では2095です。

TN:あやなみ 最高2070くらい/最終547位

 

 

おわりに

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。最終2桁の目標は達成できませんでしたが、最終盤まで4桁をうろついていたことを考えれば、正直ここまで勝てるとは思っていませんでした。2100達成は嬉しいですが、今回は証拠が残っていないので、次は最終でしっかりと結果を残せるように頑張りたいです。また、自分の好きなポケモンは上からコジョンド、サンダース、カイリューアシレーヌ、エースバーンですが、この中の3体が構築に入ってきて、見た目はかなり満足しています(もちろん構築は性能で組んでいますが)。やっぱりコジョンドを使えることはめちゃくちゃ楽しいので、また新しい発見をしながら頑張っていきたいです!

 

Twitterもやっていますので、フォローしていただけると嬉しいです。

ID:@CHiBen_620

 

 

以下証拠

f:id:chiben_620:20200801111446j:plain

f:id:chiben_620:20200801111543j:plain

f:id:chiben_620:20200801112958j:plain

最高レートの時(朝6時半)

【ポケモン剣盾 S7】本当はカマスジョー使いたかった【最終334位】

かなり雑

 

f:id:chiben_620:20200701100047j:image

 

シャンデラ@襷 すり抜け 控え目CS

 文字/シャドボ/エナボ/トリル

ウインディ厚底ブーツ 威嚇 腕白HB

 放射/熱砂の大地/鬼火/日差し

パッチラゴン@珠 張り切り 陽気AS

 電撃嘴/逆鱗/炎牙/燕返し

ミミッキュ@アッキ 化けの皮 

 意地143(100)-154(236)-114(108)-x-126(4)-124(60)(カズオのやつを速くした)

 ストダイ/ドンチ/影/剣舞

アーマーガア@ラム ミラーアーマー 意地AS

 ブレバ/挑発/羽/ビルド

ピクシー@残飯 天然 穏やかHD

 ムンフォ/ステロ/願い/守る

 

構築経緯

いつも通りアマガピクシー

→エースバーンに強そうで再生技もあるウインディ

→終盤に砂を使ったときに使用感の良かったシャンデラ

→対面的な選出がしたかったのでアッキミミッキュ

→受けに強くて攻め選出のダイマックスエースが欲しかったのでパッチラゴン

 

コンセプト

シャンデラは左上

・エースバーン環境でまともにサイクルできると思っていなかったので対面的な選出を用意した



f:id:chiben_620:20200701093048p:plain

いっぱい出した。可愛い。相手の襷枠とか、対面性能の高いポケモンに弱いのが難点。トリルの枠は挑発と迷った。デメリット無しの草打点は偉大。なごしさんにお願いしてもらった個体なのでルアーボール

 

f:id:chiben_620:20200701093058p:plain

受け1でこの子を出すことはなかった。結構強かったけどあんまり出さなかった。

 

f:id:chiben_620:20200701093138p:plain

めっちゃ出した。この子かアーマーガアはほぼ出したし同時選出も多かった。素でめっちゃ技押した。馬鹿なのでカバルドンはパッチラゴンで見ていました。

 

f:id:chiben_620:20200701093153p:plain

ビビるくらい強かった。じゃれが欲しい場面も多かった。

 

f:id:chiben_620:20200501112614p:plain

最終日になんとなく意地ASにした。火力やばかったしドヒドイデがいっぱい死んだ。多分弱保より強かった。カバ入りに出せればめっちゃ強かった

 

f:id:chiben_620:20200520121401p:plain

ほとんど出してない。受け回しにTODする時か受け回せるときかステロ展開したい時。この構築に合っとったかは諸

 

 

選出はほぼシャンデラ+パッチラゴン+ミミッキュ

アーマーガアは結構出したけどウインディピクシーはあんま出してない

 

途中使ったカマスジョー@珠 すいすい 陽気AS

ダイビング/クイックターン/アクジェ/こらえる

エースバーンの不意の上からアクジェするために陽気(意地やと最速エースバーンと同速)。ダイウォール+消える技がしたかったのでこらえる+ダイビング。相手のダイマックス2ターン無駄にしたりできる。クイックターンめっちゃ強かった。雨+ダイストで半減でもごり押せた。

 

序盤中盤ほとんど潜れず、マスボに乗せてから放置した。終盤にやる気を出して砂を使おうとしたが難しすぎて3桁行けずにやめた。アマガピクシーにしたら結構よかった。カマスジョー、ガチで強かったけど合わんくて解雇した。構築の考察が浅かった分最終日は上振れ狙いの汚い立ち回りしまくった。

 

 

最高レートは8時半ごろの158位とかの時。或いは3時とかに2000ラインから2勝した時。最後3連敗したから最終334位。実力不足

来期はコジョンドが使えるので一緒に頑張ります

 

f:id:chiben_620:20200701150922j:image

TN ちべん 88勝55敗 334位

TN ermine 0勝2敗 スーパーボール級8

【ポケモン剣盾 S6】ろとマゲドン・ぴ【最終2117/98位】

f:id:chiben_620:20200601134230p:plain

 

 

はじめに

こんにちは、ちべんです。今期も無事最終二桁で終えることができました。TN:ちべん、TN:érmïnèで潜っていました。構築名は、6体の名前の一部を繋げました。

 

 

レンタルチーム

f:id:chiben_620:20200520121254j:plain

 

 

構築経緯

f:id:chiben_620:20200430114844p:plainf:id:chiben_620:20200430115014p:plainf:id:chiben_620:20200430114916p:plainf:id:chiben_620:20200501112614p:plainf:id:chiben_620:20200430114935p:plainf:id:chiben_620:20200420014140p:plain

前期使用した並びをベースに考えました。

(前期の構築→【ポケモン剣盾 S5】幻影ドラパガエンピクシー【最終30位】 - コジョンド愛)

 

f:id:chiben_620:20200420013838p:plainf:id:chiben_620:20200420015640p:plain→OUT

前期の構築で最も並びにマッチしていないと感じたカビゴンを、サイクル性能の高いポケモンに変更しようと考えました。前期の構築はボルチェンが一貫していたので、それを切れるポケモンをこの枠に求めました。しかし、カビゴンのようにギャラドスドリュウズに不利を取らないことと、ボルチェンの一貫切りを両立できるポケモンが存在しなかったので、役割が曖昧だった水ロトムも他のポケモンに変更することにしました。

 

f:id:chiben_620:20200426020843p:plain

ボルチェンの一貫を切ることができ、さらには水ロトム、炎ロトムに強い貯水ガマゲロゲを一枠目に採用しました。トリトドンでない理由は毒毒を覚えるためです。初めはなごしさんが使用していたような珠持ちの毒+物理3Wで使おうとしましたが使いこなせなかったので、耐性以外でもサイクルに参加させやすいHBで採用しました。メインウェポン+毒毒で技スぺが一つ余り、眠るの使用感がよかったのでねむカゴ型にした。

 

f:id:chiben_620:20200519180500p:plain

ギャラドストゲキッスに比較的強い草ロトムを二枠目に採用しました。初めは臆病CSのラム悪巧みで使っていましたが、サイクルに参加させるのが難しいうえに、通す駒としても何もかも足りていなくて弱かったので、眼鏡を持たせました。最速の使用感はよかったので、前期HCベースで使用した水ロトムとは違い、CSベースで採用しました。

 

f:id:chiben_620:20200519180500p:plainf:id:chiben_620:20200501112614p:plainf:id:chiben_620:20200429000756p:plainf:id:chiben_620:20200430114844p:plainf:id:chiben_620:20200430115014p:plainf:id:chiben_620:20200520121401p:plain

完成!

 

 

コンセプト

・ステロ、状態異常を絡めたサイクルから攻めへの切り替え

・数的有利を意識した攻めからの詰ませ、TOD

これらの2点を使い分ける

 

 

個体解説

f:id:chiben_620:20200420022907p:plainドラパルト

f:id:chiben_620:20200420022850p:plain

持ち物:拘りスカーフ

特性:すり抜け

性格:陽気

数値:191(220)-167(212)-103(60)-x-96(4)-180(12)

 H 16n-1

 A 余り

 B 陽気ミミッキュの+2珠影打ち最高乱数以外耐え

 D 端数

 S スカーフ込みで+2最速バタフリー抜き

技構成:ドラゴンアロー/ゴーストダイブ/蜻蛉返り/鬼火

 

ずっと使っているスカーフ枠です。しかし、中盤は選出率が大きく下がり、解雇も考えました。初手のアシレーヌにディスアドしかとらない点や、ナット入りなどにも出しづらく、何に出せばいいのかわかりませんでした。代わりも見つからなかったので、もっと信用してみたらよく活躍してくれました。さすがは600族です。ダイマ残り2ターンのスカーフドラパルトは最強なので、お互いダイマの残った状況でこの子を通すときは2体目をダイマックスの1ターン目で倒すことを心掛けていました。

 

 

f:id:chiben_620:20200421040134p:plainガオガエン

f:id:chiben_620:20200420023129p:plain

持ち物:フィラの実

特性:威嚇

性格:呑気

数値:202(252)-135-156(252)-100-111(4)-59

 ※S個体値2~3

技構成:地獄突き/火炎放射/蜻蛉返り/鬼火

 

ダルマ入りや、そのほか活躍しそうな並びに投げていました。選出率は低めでしたが、物理ドラパのダイマックスでピクシーが吹き飛ぶことが多々あったのでもっと信用してもよかったのかなあと感じました。

 

 

f:id:chiben_620:20200519182115p:plainCロトム

f:id:chiben_620:20200519182229p:plain

持ち物:拘り眼鏡

特性:浮遊

性格:無邪気(臆病ミント使用)

数値:148(180)-x-127-139(108)-127-147(220)

 H 余り

 C 万ボで161-135トゲキッスが最低乱数以外1発

 S 最速ギャラドス抜き

技構成:10万ボルト/リーフストームボルトチェンジ/トリック

 

今期新しく入ってきたポケモンで、同じ系統で自分以外にも使っている人を多く見かけました。 CSロトムの耐久の無さが嫌いなので、最低限CSに振り分け残りをHに振りました。トリックした後やダイマックス時の火力の無さにはビビりますが、ギリギリ耐える機会が多かったので良かったと思います。個人的に一番評価している部分は対ギャラドス性能で、この点においてはミトム、ヒトムよりも勝ち筋として考えやすいと感じました。他にもこの2体に比べてドリュウズに弱くない点や、トゲキッスホルードラプラス入りなどにかなり通しやすい点が優秀で選出率はかなり高かったです。ダイマックスしたホルードも上から眼鏡リフストでシバけます。逆に一番弱いと思う点はダイマックス技の追加効果との相性の悪さです。しかし、眼鏡ボルチェンをホルードなどに透かされた時はダイマックスで切り返すことも少なくなかったです。

 

 

f:id:chiben_620:20200420023505p:plainアーマーガア

f:id:chiben_620:20200420023639p:plain

持ち物:弱点保険

特性:ミラーアーマー

性格:陽気

数値:205(252)-108(4)-125-x-105-130(252)

技構成:ブレイブバード/挑発/羽休め/ビルドアップ

 

性能が大好きです。剣舞ドリュが非常に多かったので、ピクシー対面アマガバックがとても弱く、なるべくしないようにしていました。火力のあるアーマーガアに多く当たったのでASも試してみようと思いましたが、試す前にシーズンが終わりました。

 

 

f:id:chiben_620:20200519221106p:plainガマゲロゲ

f:id:chiben_620:20200519221308p:plain

持ち物:カゴの実

特性:貯水

性格:図太い

数値:212(252)-x-139(252)-105-95-95(4)

技構成:熱湯/大地の力/毒毒/眠る

 

今期新しく入ってきたポケモンです。キモい。数値は全く足りていませんが如何せん偉いので選出率はかなり高かったです。逆に言えば、受けに寄せた偉い選出(受けに寄せた選出が偉いという意味ではなく、耐性やステロ、毒といった要素が偉いという意味です)をしても数値で簡単に崩されてしまうので、性能を過信しないことが大切でした。強かったし、よく頑張ってくれました。選出率もかなり高かったです。この子に関しての細かい話は後程述べます。

 

 

f:id:chiben_620:20200420023754p:plainピクシー

f:id:chiben_620:20200420023822p:plain

持ち物:食べ残し

特性:天然

性格:穏やか

数値:202(252)-x-93-115-156(252)-81(4)

技構成:ムーンフォースステルスロック/守る/願い事

 

過労死枠。ほぼ出していましたが、ドリュウズギャラドスに大きな隙を見せるので、出さない勇気も必要だと感じました。特に終盤は剣舞ドリュウズを多く見たので、この子を出したい並びにも攻め寄りの選出で対応しに行くことが多かったです。今期もステロを撒いてからいっぱいダイマックスしてキッスを倒してくれましたが、選出段階からこの子単体でキッスを見ることはよっぽど運がよくない限り不可能なので、あくまで攻めの駒やステロを絡めたうえでの保険と考えていました。

 

選出率は体感でf:id:chiben_620:20200520121401p:plain>f:id:chiben_620:20200519180500p:plainf:id:chiben_620:20200429000756p:plainf:id:chiben_620:20200501112614p:plain>f:id:chiben_620:20200430114844p:plain>f:id:chiben_620:20200430115014p:plain

 

 

ガマゲロゲについて

この枠に欲しかったのは貯水ゲロゲの耐性と毒毒だったので、型を模索するところから始めました。構築経緯の項で述べた通り、珠持ちの毒+3Wを初めに使いましたが、しっくりきませんでした。理由としては、
・襷ドリュウズに対面ですら勝てない
・火力、Sともに足りていないので、ダイマを切ってからの抜きが期待できず、3ターンを有効に使いづらい
・毒毒を通したい相手に通しに行く過程でぐったりする
といったところでした。そこで、耐久に振ることを考えましたが、たまに見るオボン持ちの熱湯大地毒毒ステロのような型を考えた時に、この子の枠にステロを採用する必要がないので一枠余ることに気づきました。この枠に眠るを採用してみたところ、
・純粋な場持ちの向上
・構築の欠伸耐性がちょっとだけ上がった
ドヒドイデ単体なら詰ませられる
といったメリットが大きかったので、最後までねむカゴで使っていました。対ドヒドイデについて少し細かい話をすると、この子の熱湯で焼くことで、アーマーガア対面で回復させないことが可能になり、ステロも撒けていれば、ドヒドを削るか裏のポケモンにステロを踏ませるかの二択を押し付けることができ、かなり立ち回りやすくなりました。これはカビゴンから変更した大きな利点になったと感じました。
ここまではこの子の強い点を紹介しましたが、数値は全く足りていないので、イライラする負け方も多かったです。あとはナットレイの草技採用率が異常に高かったところもしんどかったです。

カビゴンから変更したメリットは主に

・対カビゴン性能

・毒を絡めたサイクルが可能になった

・エースバーンなどの対物理炎性能

・対受け回し性能

・欠伸ループに多少強くなる

・並び単位での耐性が綺麗になった

デメリットは主に

・構築の数値の貧弱化

・対リザードントゲキッスなどの受けが難しい特殊への性能の低下

しかし、対キッス性能は同時に新規採用したカットロトムがかなり緩和してくれました。

 

 

選出

基本的にf:id:chiben_620:20200501112614p:plainf:id:chiben_620:20200520121401p:plain@1で崩せるかどうかから考えます。

 

 

f:id:chiben_620:20200519180500p:plainf:id:chiben_620:20200501112614p:plainf:id:chiben_620:20200520121401p:plain

恐らく今期一番多かった選出です。カットムの眼鏡ボルチェンからの展開がとても偉く、やむを得ずダイマを切ったラプラスや珠でもピンレンでもないキッスはピクシーで腐らせることができます。トリックからアマガで抜いていく立ち回りも強力でした。欠点は炎が一貫することで、チョッキカビゴンのヒートスタンプでよくボコられていました。



f:id:chiben_620:20200430114844p:plainf:id:chiben_620:20200430115014p:plainf:id:chiben_620:20200520121401p:plain

古き良きドラパガエンピクシー。この選出ができる相手には強かったです。

 

f:id:chiben_620:20200429000756p:plainf:id:chiben_620:20200501112614p:plainf:id:chiben_620:20200520121401p:plain

受け回し選出。偉いけどどこからでも崩されます。あまりパワーのない構築にはステロ毒サイクル+詰ませでかなり強く出れました。

 

f:id:chiben_620:20200501112614p:plainf:id:chiben_620:20200429000756p:plain+f:id:chiben_620:20200519180500p:plainorf:id:chiben_620:20200520121401p:plain

受け寄りの構築にこの形で出すことが多かったです。カットムを出す時はトリックを絡めることが多く、ピクシーを出す時はTOD狙いが多かったです。

 

f:id:chiben_620:20200430114844p:plainf:id:chiben_620:20200430115014p:plainf:id:chiben_620:20200429000756p:plain

ごつい。極端に物理に偏っている構築にこの形で出すことがありました。

 

f:id:chiben_620:20200430114844p:plainf:id:chiben_620:20200519180500p:plain@1

攻め2選出。@1は誰でも入りますが、アーマーガアを入れた時には攻め3に近くなり、ガオガエンを入れた時には攻め2クッション1のトンボル選出になります。

 

6体ともサイクル性能が高いので他にも柔軟な選出が可能でした。

 

 

重かったポケモン

f:id:chiben_620:20200601140612p:plainジュラルドン

未来じゅら~

 

f:id:chiben_620:20200601140840p:plainリザードン

カビゴンを解雇した結果最も重くなったポケモンです。初手にピクシーを置いても鉢合わせた時にダイマターンを枯らすことしかできないことに気付いたので、本当によくない立ち回りですが、初手にドラパを置いて初手ダイマ一点読みでダイウォールから入っていました。実際全部通ったしこれをしてからリザードンに勝てるようになりました。「こっちが初手ダイマしてなかったらどうしてたんだよ!」ってキレられても「リザきついししゃあない」としか返せません。

 

f:id:chiben_620:20200601141236p:plainギルガルド

残飯がとてもしんどかったです。これもよくはない立ち回りですが、キンシに合わせてドラパで鬼火を押してからダイホロウを押していました。

 

f:id:chiben_620:20200601141552p:plainドリュウズ

砂かき、型破り問わず剣舞が非常に多く、初見の相手にはよく2秒で負けていました。なので、ドリュ入りにはなるべく積む隙を与えない選出をすることが重要でしたが、サイクルがピクシーに依存しているのでそれが難しかったです。砂かきはガエンのダイバーンやゲロゲのダイストリームからドラパルトか、最速非考慮ならカットロトムで切り返せることを頭に入れていました。

 

f:id:chiben_620:20200426021554p:plainf:id:chiben_620:20200426021714p:plainf:id:chiben_620:20200426021727p:plainガラル3バカトリオ

特に語ることなし。化石に関してはガマゲロゲのおかげで多少緩和されましたが、それでもしんどかったです。3体とも理想はドラパルトを出すことですが、受け駒が固定されているので選出の幅が狭まり難しいです。

 

 

戦績

TN:ちべん 最高2070くらい/最終1872・1716位

TN:érmïnè 最高最終2117・98位

f:id:chiben_620:20200601151536j:plain

 

 

おわりに

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。前期の30位越えを目標にしていましたが、メインを爆溶かししていたこともあり、朝に二桁圏内に入ったところでもう潜る気力がありませんでした。実力不足です。しかし、よく見る枠の人が8時過ぎから潜って順位を上げていてかっこよかったので、そういうプレイヤーになりたいと思いました。

前期21回された切断バグも今期は2回しかされず、そういった意味でのストレスの少ないシーズンでした。来期はDLC解禁前最後のシーズンになると思うし、どこまでモチベが上がるかわかりませんが、頑張っていこうと思います。けどそれより早くコジョンドを使わせてほしいです…

 

Special Thanks

・ワクワクしているロトムをくれたオデン氏

・前日にDMで励ましてくれたしょこら、スポンジさん

・最終日10分くらい通話してくれたねむねむ

・俺に新垢作らせたけどすぐ凍結して俺の垢にもロックかかって使えんくしてくれたヤブ

本当にありがとう!

 

Twitterもやっているので、フォローしてもらえると嬉しいです!

ID:@CHiBen_620

【ポケモン剣盾 S5】幻影ドラパガエンピクシー【最終2132/30位】

/f:id:chiben_620:20200501111631p:plain

 

 

レンタルチーム

f:id:chiben_620:20200501093656j:plain

 

はじめに

こんにちは、ちべんです。今期の中盤からひそかに目標にしていた最終30位以内を達成することができました!TN:ちべん、TN:érmïnè で潜っていました。構築名は、自分が7世代で使っていたコジョライボムドーの幻影を追ってできた構築なのでこのようにしました。

 

構築経緯

f:id:chiben_620:20200420014114p:plain

前々期、前期と同様に、スカーフドラパルトを構築の出発点とし、今期は6体でサイクルできるように組んでいきました。

 

f:id:chiben_620:20200420014140p:plain

サイクルの中でステロを撒けるポケモンを考えました。自分が求める性能はトゲキッス対面でステロを押せることだったので、前期なごしさんが使用していた天然HDピクシーを参考にし、放射だった枠にステロを採用しました。

 

f:id:chiben_620:20200420015353p:plain

主にドラパルトのスカーフ蜻蛉から展開する、汎用的な物理受けを考えました。物理ドラパルトとヒヒダルマの氷柱落としに引けることが必須条件と考えていたので、威嚇ガオガエンを採用しました。有限ポケモンであることと鈍いカビゴンの起点阻止を行えないことがネックですが、前者はピクシーとの願い事サイクル、後者は残りの3体でカバーすることにしました。

 

f:id:chiben_620:20200420013838p:plain

カビゴンを崩す手段として、トリック(すりかえ)か、叩き落とすを覚えるサイクル要員を考えました。叩き持ちのポケモンを見ても、周りとの兼ね合いを考えた時にしっくりこなかったため、トリック(すりかえ)をできるポケモンを探すことにしました。再生技持ちの火炎玉トリックでは、チョッキをもらった時にこちらが機能停止してしまいがちなので、アタッカーの拘りトリック(すりかえ)を考え、ボルチェン要員になれることと上3体と相性のいいタイプを評価して眼鏡水ロトムを採用しました。

 

f:id:chiben_620:20200420015622p:plain

上4体の型破り地震の一貫を切るための飛行タイプを考えました。ドリュウズ地震とアイヘに投げれることが絶対条件と考えていたことと、カビゴンナットレイの処理ルートを増やしたかったことから挑発アーマーガアを採用し、高速アタッカーへの切り返しや、ステロサイクルから抜いていく駒となれるHS弱点保険型にしました。

 

f:id:chiben_620:20200420015640p:plain

サイクルを行うことが難しい前のめりな並びとの撃ち合いに強い駒を考えました。炎打点、電気打点を自然に採用することができ、ピクシーの願い事を絡めたサイクルも行うことができるABチョッキカビゴンを採用しました。

 

コンセプト

・ステロ、状態異常を絡めたサイクルから攻めへの切り替え

・数的有利を意識した攻めからの詰ませ、TOD

これらの2点を使い分ける

 

個体解説

f:id:chiben_620:20200420022907p:plainドラパルト

f:id:chiben_620:20200420022850p:plain

持ち物:拘りスカーフ

特性:すり抜け

性格:陽気

数値:191(220)-167(212)-103(60)-x-96(4)-180(12)

 H 16n-1

 A 余り

 B 陽気珠ミミッキュの+2影打ち最高乱数以外耐え

 D 端数

 S スカーフ込みで+2最速バタフリー抜き(最速アイアント抜き抜き抜き)

技構成:ドラゴンアロー/ゴーストダイブ/蜻蛉返り/鬼火

 

自分が信用して使い続けている子です。ここまで耐久に回すことで、撃ち合いにかなり強くなります。火力は控えめですが、コンセプトであるステロを絡めたサイクルで補います。ストッパーとしての性能も優秀で、S+2準速パッチラゴンや雨下準速カジリガメを抜くことができます。終盤にバタフリーにいっぱい当たったので前期よりS実数値を1伸ばしました。ドラパルトにスカーフを持たせる一番の利点はミラーでのS関係がはっきりすることだと思っているので、初手ミラーは特に理由がない限り蜻蛉を押していました。なので、より速いスカーフドラパルト相手に出落ちしてしまうこともありましたが、再戦以外では割り切っていました。このパーティにおいて、この子とダイジェットを積んだアーマーガア以外はかなり足が遅いので、そういった点でも選出する機会は多かったです。

 

 

f:id:chiben_620:20200420023023p:plainガオガエン

f:id:chiben_620:20200420023129p:plain

持ち物:フィラの実

特性:威嚇

性格:呑気

数値:202(252)-135-156(252)-100-111(4)-59

 ※S個体値2~3

技構成:地獄突き/火炎放射/蜻蛉返り/鬼火

 

物理ドラパルト、ミミッキュヒヒダルマの氷柱落とし、その他物理アタッカーの引き先です。威嚇込みなら信用できる数値を持ち、後攻蜻蛉するクッションとして優秀でしたが、ドリュウズホルード入りへのクッションとして出しづらい点や死に出しヒヒダルマに弱い点、ステロが痛い点が想像以上に弱かったです。また、眼鏡や珠の特殊ドラパルトの流行はやや向かい風でした。カビゴンに対しての一時的な引き先として安定し、叩きを覚えれば文句なしでしたが、鈍いリサイクル型が少なく残飯型が非常に多かったので鬼火だけでもよく機能してくれました。余裕がある時はピクシーの願い事サイクルにも参加させることができ、この子の性能を引き上げられたと思います。炎打点は反動を嫌ってフレドラを採用せず、ホンチよりはアーマーガアやナットレイに強そうな放射を採用し、悪打点はDDラリアットの効果が活きる場面がなかったので、ドラパルトのダイホロウとも相性のいい地獄突きを採用しました。ラスイチのニンフィアや麻痺したアシレーヌに勝ったり、ミリ耐えされて負けたりしたのでどっちでもいいです。Sは相手のガオガエンギルガルドとのS関係をはっきりさせたかったので個体値2~3で採用しましたが、1/2でも相手のガエンの下を取りたいことのほうが多かったので最遅の方がいいと思います。

 

 

f:id:chiben_620:20200420023242p:plainロトム

f:id:chiben_620:20200420023405p:plain

持ち物:拘り眼鏡

特性:浮遊

性格:真面目(控え目ミント使用)

数値:157(252)-x-127-165(196)-127-114(60)

 H 極振り

 C 余り(11n)

 S 準速バンギラス抜き(準速ギルガルド抜き抜き)

技構成:10万ボルト/ハイドロポンプボルトチェンジ/トリック

 

強力なボルチェン枠で、カバ入りやボルチェンの一貫のある構築によく出していました。この子が縛られる鉢巻ヒヒダルマの馬鹿力は、ピクシー後投げでも受からないので、ダルマ入りに初手に置くことは控えていました。ドロポンは打ちたくなくても打たなければならないのでお祈りしてました。トリックはカビゴンや受けを崩すだけでなく、アーマーガアの起点作りも行えて偉かったです。トリックで混乱したので、最終日は真面目個体に変えました。Sは激戦区で、同速ゲーも割とあったので、数値は汚くなりますがあと1伸ばしてもよかったです。

 

 

f:id:chiben_620:20200420023505p:plainアーマーガア

f:id:chiben_620:20200420023639p:plain

持ち物:弱点保険

特性:ミラーアーマー

性格:陽気

数値:205(252)-108(4)-125-x-105-130(252)

技構成:ブレイブバード/挑発/羽休め/ビルドアップ

 

引き先として使う場合は主にドリュウズに対してですが、この型なのでドリル運ゲに屈しても文句は言えません。火力が欲しい場面が多かったですが、不一致炎技などをいい感じで耐えてくれるのでHSで使っていました。遂行速度の遅さを補うための弱点保険ですが、ホルードやパッチラゴン相手によく活きました。しかし、型の認知度からトゲキッスに活きることはほとんどありませんでした。詰ませ性能は高いですが、遂行速度がとても遅くTODされてしまいがちなので、通すルートが見えても数的有利は心掛けていました。逆に、挑発と羽休めで詰ませられる相手も多いので、TODを狙う駒としても強かったです。

 

 

f:id:chiben_620:20200420023937p:plainカビゴン

f:id:chiben_620:20200420023956p:plain

持ち物:突撃チョッキ

特性:厚い脂肪

性格:意地っ張り

数値:235-178(252)-117(252)-x-130-51(4)

技構成:のしかかり/かみなりパンチ/ヒートスタンプ/ヘビーボンバー

 

雑に撃ち合う枠で、火力がそこそこあり技範囲が優秀なので、ギャラナットやミトム(ヒトム)ナットのような並びに比較的強く出られます。ギャラドスリザードントゲキッスドリュウズミミッキュあたりと撃ち合える点が強かったです。オッカ鉄壁ナットにはいっぱい負けました。ピクシーと出す時には、トリックにこの子を投げてピクシーで詰ませる動きも強力でした。雑に強いですが遅いので、雑に使いすぎると逆に自信過剰ギャラドスの起点になったりして、試合の中で役割対象は絞る必要がありました。余裕があれば願い事サイクルにも参加させられるので強かったです。

 

 

f:id:chiben_620:20200420023754p:plainピクシー

f:id:chiben_620:20200420023822p:plain

持ち物:食べ残し

特性:天然

性格:穏やか

数値:202(252)-x-93-115-156(252)-81(4)

技構成:ムーンフォースステルスロック/守る/願い事

 

間違いなくこの構築で一番頑張ってくれました。特殊受けのステロ要員は使ったことがなかったので、撒ける対面が新鮮でした。守るは残飯・願い事と相性がいいだけでなく、ロトムトゲキッスのトリックの確認、ヒヒダルマの技の確認にとても役立ちました。ナットレイが本当に多かったので放射が欲しかったですが、コンセプトであるステロは変えられませんでした。特殊方面はかなり硬いですがミトムのダイストリームやヒトムのダイバーンは受け出し不可能なので、慎重に立ち回る必要がありました。物理方面は脆いですが、ダイマさえ枯らしてしまえば火力強化アイテム以外で鋼の翼のないドラパルトや、剣舞ミミッキュに対面から勝つことができるので、勝ち筋としてよく意識していました。また、ステロが撒けた状態でのトゲキッス対面は積極的にダイマを切っていました。遂行速度が遅く、相手の追加効果を引きやすい反面、願い事守るの時間稼ぎが優秀なので、ラスイチのヒトムやキッスとの対面はTODを意識することが多かったです。ダイマ消費後の珠と眼鏡以外のキッスにはかなり負けにくいです。気を付けていたことは、この子自身のHP管理を一番大事にすることです。欲張ると不意のダイマックスでサイクルが崩壊します。

 

 

構築に求めたもの

f:id:chiben_620:20200421042405p:plainf:id:chiben_620:20200421042421p:plainf:id:chiben_620:20200309230723p:plainf:id:chiben_620:20200309230848p:plainf:id:chiben_620:20200421042451p:plain

自分は7世代で、大まかに言うと「ステロ+トンボルが基本構想で、無限サイクルも可能な構築」を使っていました。一番使い慣れた構築だったので、これに近いものを組めるように意識しました。基本選出のドラパガエンピクシーでは、ステロ+蜻蛉に加え、ピクシーの願い事で疑似的な無限サイクルが可能です。また、ビルドアーマーガアも鈍いカビゴンに近い詰ませ方ができるので、自分に使いやすいように組めたと思います。

 

選出

f:id:chiben_620:20200420014114p:plainf:id:chiben_620:20200420015353p:plainf:id:chiben_620:20200420014140p:plain

基本のステロ+トンボルの形になる基本選出です。

 

f:id:chiben_620:20200420015622p:plainf:id:chiben_620:20200420014140p:plain@1

受け回しに近い選出です。@1には誰でも入ります。アーマーガアは選出段階から通す駒と考えることもありました。

 

f:id:chiben_620:20200430114844p:plainf:id:chiben_620:20200430114916p:plainf:id:chiben_620:20200430115014p:plain

有限のトンボル選出です。攻め2クッション1の形になり、試合展開によってドラパかミトムどちらでも通していけるところが強かったです。

 

f:id:chiben_620:20200430114844p:plainf:id:chiben_620:20200430114916p:plainf:id:chiben_620:20200430114935p:plain

攻め3選出です。多少のサイクルを行いつつ、前のめりな並びと撃ち合っていました。対雨はこの選出でかなり安定していました。

 

f:id:chiben_620:20200430114844p:plainorf:id:chiben_620:20200430114916p:plain+f:id:chiben_620:20200430115014p:plainorf:id:chiben_620:20200501112614p:plain+f:id:chiben_620:20200420014140p:plainorf:id:chiben_620:20200420015640p:plain

その他汎用的なアタッカー+物理受け+特殊受けのような形になる選出ですが、6体で回せるサイクルというコンセプト通り、これら以外の選出もありました。

 

重かったポケモン

f:id:chiben_620:20200426015135p:plainジュラルドン

特殊受けのピクシーに強く、アーマーガアとカビゴンでも誤魔化すのが難しく、攻めの駒も撃ち合いで負けてしまうので、非常にしんどいです。7世代のジャラランガと戦っている感覚でした。ほぼ当たらなくてよかったです。

 

f:id:chiben_620:20200426015434p:plainエースバーン

アマガピクシーに一貫し、受け出しから勝てる駒がいないのでとてもしんどかったです。終盤多すぎて鬱になりました。7世代のバシャーモと戦っている感覚でした。

 

f:id:chiben_620:20200426021554p:plainf:id:chiben_620:20200426021714p:plainf:id:chiben_620:20200426021727p:plainガラル3バカトリオ

サイクルの宿命ですが、かなりしんどかったです。

ヒヒダルマ入りにはほとんどガオガエンを出していましたが、なるべく鉢巻地震が一貫しないように気を付けていました。理想はドラパルトの蜻蛉+アローで倒すことです。

パッチラゴンとウオノラゴンは、1度だけドラパルトを後投げできるので、持ち物を絞りつつアーマーガアなども絡めて頑張っていました。アーマーガアより速いとしんどかったです。

 

その他

f:id:chiben_620:20200429000756p:plainf:id:chiben_620:20200430111222p:plainf:id:chiben_620:20200501113938p:plainf:id:chiben_620:20200426020445p:plainf:id:chiben_620:20200501114130p:plainf:id:chiben_620:20200501113920p:plainf:id:chiben_620:20200501113756p:plainf:id:chiben_620:20200511012142p:plainf:id:chiben_620:20200511012302p:plain他、受け回しなど

 

戦績

TN ちべん 最終2075/143位

TN érmïnè 最終2132/30位

f:id:chiben_620:20200501114737j:plain

f:id:chiben_620:20200501114805j:plain

 

おわりに

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。7世代からガチ対戦を始め、手の届かないところだと思っていた最終30位以内を達成できて、本当に嬉しいです。前々期、前期とあまり時間が取れず、今期は時間が取れることがわかっていたのでかなり意気込んでいました。実際に対戦回数も2ロム合わせて500戦を超え、満足のいくシーズンとなりました。終盤に2ロム1桁に到達したときはとても嬉しかったし、最終でもそれを狙えるように頑張っていきたいです。切断バグの存在だけは残念でしたが、いいシーズンになりました。

 

Twitterもやっていますので、よかったらフォローお願いします

ID:@CHiBen_620