コジョンド愛

コジョンドと松浦果南と上本博紀がしゅき

【ポケモン剣盾 S6】ろとマゲドン・ぴ【最終2117/98位】

f:id:chiben_620:20200601134230p:plain

 

 

はじめに

こんにちは、ちべんです。今期も無事最終二桁で終えることができました。TN:ちべん、TN:érmïnèで潜っていました。構築名は、6体の名前の一部を繋げました。

 

 

レンタルチーム

f:id:chiben_620:20200520121254j:plain

 

 

構築経緯

f:id:chiben_620:20200430114844p:plainf:id:chiben_620:20200430115014p:plainf:id:chiben_620:20200430114916p:plainf:id:chiben_620:20200501112614p:plainf:id:chiben_620:20200430114935p:plainf:id:chiben_620:20200420014140p:plain

前期使用した並びをベースに考えました。

(前期の構築→【ポケモン剣盾 S5】幻影ドラパガエンピクシー【最終30位】 - コジョンド愛)

 

f:id:chiben_620:20200420013838p:plainf:id:chiben_620:20200420015640p:plain→OUT

前期の構築で最も並びにマッチしていないと感じたカビゴンを、サイクル性能の高いポケモンに変更しようと考えました。前期の構築はボルチェンが一貫していたので、それを切れるポケモンをこの枠に求めました。しかし、カビゴンのようにギャラドスドリュウズに不利を取らないことと、ボルチェンの一貫切りを両立できるポケモンが存在しなかったので、役割が曖昧だった水ロトムも他のポケモンに変更することにしました。

 

f:id:chiben_620:20200426020843p:plain

ボルチェンの一貫を切ることができ、さらには水ロトム、炎ロトムに強い貯水ガマゲロゲを一枠目に採用しました。トリトドンでない理由は毒毒を覚えるためです。初めはなごしさんが使用していたような珠持ちの毒+物理3Wで使おうとしましたが使いこなせなかったので、耐性以外でもサイクルに参加させやすいHBで採用しました。メインウェポン+毒毒で技スぺが一つ余り、眠るの使用感がよかったのでねむカゴ型にした。

 

f:id:chiben_620:20200519180500p:plain

ギャラドストゲキッスに比較的強い草ロトムを二枠目に採用しました。初めは臆病CSのラム悪巧みで使っていましたが、サイクルに参加させるのが難しいうえに、通す駒としても何もかも足りていなくて弱かったので、眼鏡を持たせました。最速の使用感はよかったので、前期HCベースで使用した水ロトムとは違い、CSベースで採用しました。

 

f:id:chiben_620:20200519180500p:plainf:id:chiben_620:20200501112614p:plainf:id:chiben_620:20200429000756p:plainf:id:chiben_620:20200430114844p:plainf:id:chiben_620:20200430115014p:plainf:id:chiben_620:20200520121401p:plain

完成!

 

 

コンセプト

・ステロ、状態異常を絡めたサイクルから攻めへの切り替え

・数的有利を意識した攻めからの詰ませ、TOD

これらの2点を使い分ける

 

 

個体解説

f:id:chiben_620:20200420022907p:plainドラパルト

f:id:chiben_620:20200420022850p:plain

持ち物:拘りスカーフ

特性:すり抜け

性格:陽気

数値:191(220)-167(212)-103(60)-x-96(4)-180(12)

 H 16n-1

 A 余り

 B 陽気ミミッキュの+2珠影打ち最高乱数以外耐え

 D 端数

 S スカーフ込みで+2最速バタフリー抜き

技構成:ドラゴンアロー/ゴーストダイブ/蜻蛉返り/鬼火

 

ずっと使っているスカーフ枠です。しかし、中盤は選出率が大きく下がり、解雇も考えました。初手のアシレーヌにディスアドしかとらない点や、ナット入りなどにも出しづらく、何に出せばいいのかわかりませんでした。代わりも見つからなかったので、もっと信用してみたらよく活躍してくれました。さすがは600族です。ダイマ残り2ターンのスカーフドラパルトは最強なので、お互いダイマの残った状況でこの子を通すときは2体目をダイマックスの1ターン目で倒すことを心掛けていました。

 

 

f:id:chiben_620:20200421040134p:plainガオガエン

f:id:chiben_620:20200420023129p:plain

持ち物:フィラの実

特性:威嚇

性格:呑気

数値:202(252)-135-156(252)-100-111(4)-59

 ※S個体値2~3

技構成:地獄突き/火炎放射/蜻蛉返り/鬼火

 

ダルマ入りや、そのほか活躍しそうな並びに投げていました。選出率は低めでしたが、物理ドラパのダイマックスでピクシーが吹き飛ぶことが多々あったのでもっと信用してもよかったのかなあと感じました。

 

 

f:id:chiben_620:20200519182115p:plainCロトム

f:id:chiben_620:20200519182229p:plain

持ち物:拘り眼鏡

特性:浮遊

性格:無邪気(臆病ミント使用)

数値:148(180)-x-127-139(108)-127-147(220)

 H 余り

 C 万ボで161-135トゲキッスが最低乱数以外1発

 S 最速ギャラドス抜き

技構成:10万ボルト/リーフストームボルトチェンジ/トリック

 

今期新しく入ってきたポケモンで、同じ系統で自分以外にも使っている人を多く見かけました。 CSロトムの耐久の無さが嫌いなので、最低限CSに振り分け残りをHに振りました。トリックした後やダイマックス時の火力の無さにはビビりますが、ギリギリ耐える機会が多かったので良かったと思います。個人的に一番評価している部分は対ギャラドス性能で、この点においてはミトム、ヒトムよりも勝ち筋として考えやすいと感じました。他にもこの2体に比べてドリュウズに弱くない点や、トゲキッスホルードラプラス入りなどにかなり通しやすい点が優秀で選出率はかなり高かったです。ダイマックスしたホルードも上から眼鏡リフストでシバけます。逆に一番弱いと思う点はダイマックス技の追加効果との相性の悪さです。しかし、眼鏡ボルチェンをホルードなどに透かされた時はダイマックスで切り返すことも少なくなかったです。

 

 

f:id:chiben_620:20200420023505p:plainアーマーガア

f:id:chiben_620:20200420023639p:plain

持ち物:弱点保険

特性:ミラーアーマー

性格:陽気

数値:205(252)-108(4)-125-x-105-130(252)

技構成:ブレイブバード/挑発/羽休め/ビルドアップ

 

性能が大好きです。剣舞ドリュが非常に多かったので、ピクシー対面アマガバックがとても弱く、なるべくしないようにしていました。火力のあるアーマーガアに多く当たったのでASも試してみようと思いましたが、試す前にシーズンが終わりました。

 

 

f:id:chiben_620:20200519221106p:plainガマゲロゲ

f:id:chiben_620:20200519221308p:plain

持ち物:カゴの実

特性:貯水

性格:図太い

数値:212(252)-x-139(252)-105-95-95(4)

技構成:熱湯/大地の力/毒毒/眠る

 

今期新しく入ってきたポケモンです。キモい。数値は全く足りていませんが如何せん偉いので選出率はかなり高かったです。逆に言えば、受けに寄せた偉い選出(受けに寄せた選出が偉いという意味ではなく、耐性やステロ、毒といった要素が偉いという意味です)をしても数値で簡単に崩されてしまうので、性能を過信しないことが大切でした。強かったし、よく頑張ってくれました。選出率もかなり高かったです。この子に関しての細かい話は後程述べます。

 

 

f:id:chiben_620:20200420023754p:plainピクシー

f:id:chiben_620:20200420023822p:plain

持ち物:食べ残し

特性:天然

性格:穏やか

数値:202(252)-x-93-115-156(252)-81(4)

技構成:ムーンフォースステルスロック/守る/願い事

 

過労死枠。ほぼ出していましたが、ドリュウズギャラドスに大きな隙を見せるので、出さない勇気も必要だと感じました。特に終盤は剣舞ドリュウズを多く見たので、この子を出したい並びにも攻め寄りの選出で対応しに行くことが多かったです。今期もステロを撒いてからいっぱいダイマックスしてキッスを倒してくれましたが、選出段階からこの子単体でキッスを見ることはよっぽど運がよくない限り不可能なので、あくまで攻めの駒やステロを絡めたうえでの保険と考えていました。

 

選出率は体感でf:id:chiben_620:20200520121401p:plain>f:id:chiben_620:20200519180500p:plainf:id:chiben_620:20200429000756p:plainf:id:chiben_620:20200501112614p:plain>f:id:chiben_620:20200430114844p:plain>f:id:chiben_620:20200430115014p:plain

 

 

ガマゲロゲについて

この枠に欲しかったのは貯水ゲロゲの耐性と毒毒だったので、型を模索するところから始めました。構築経緯の項で述べた通り、珠持ちの毒+3Wを初めに使いましたが、しっくりきませんでした。理由としては、
・襷ドリュウズに対面ですら勝てない
・火力、Sともに足りていないので、ダイマを切ってからの抜きが期待できず、3ターンを有効に使いづらい
・毒毒を通したい相手に通しに行く過程でぐったりする
といったところでした。そこで、耐久に振ることを考えましたが、たまに見るオボン持ちの熱湯大地毒毒ステロのような型を考えた時に、この子の枠にステロを採用する必要がないので一枠余ることに気づきました。この枠に眠るを採用してみたところ、
・純粋な場持ちの向上
・構築の欠伸耐性がちょっとだけ上がった
ドヒドイデ単体なら詰ませられる
といったメリットが大きかったので、最後までねむカゴで使っていました。対ドヒドイデについて少し細かい話をすると、この子の熱湯で焼くことで、アーマーガア対面で回復させないことが可能になり、ステロも撒けていれば、ドヒドを削るか裏のポケモンにステロを踏ませるかの二択を押し付けることができ、かなり立ち回りやすくなりました。これはカビゴンから変更した大きな利点になったと感じました。
ここまではこの子の強い点を紹介しましたが、数値は全く足りていないので、イライラする負け方も多かったです。あとはナットレイの草技採用率が異常に高かったところもしんどかったです。

カビゴンから変更したメリットは主に

・対カビゴン性能

・毒を絡めたサイクルが可能になった

・エースバーンなどの対物理炎性能

・対受け回し性能

・欠伸ループに多少強くなる

・並び単位での耐性が綺麗になった

デメリットは主に

・構築の数値の貧弱化

・対リザードントゲキッスなどの受けが難しい特殊への性能の低下

しかし、対キッス性能は同時に新規採用したカットロトムがかなり緩和してくれました。

 

 

選出

基本的にf:id:chiben_620:20200501112614p:plainf:id:chiben_620:20200520121401p:plain@1で崩せるかどうかから考えます。

 

 

f:id:chiben_620:20200519180500p:plainf:id:chiben_620:20200501112614p:plainf:id:chiben_620:20200520121401p:plain

恐らく今期一番多かった選出です。カットムの眼鏡ボルチェンからの展開がとても偉く、やむを得ずダイマを切ったラプラスや珠でもピンレンでもないキッスはピクシーで腐らせることができます。トリックからアマガで抜いていく立ち回りも強力でした。欠点は炎が一貫することで、チョッキカビゴンのヒートスタンプでよくボコられていました。



f:id:chiben_620:20200430114844p:plainf:id:chiben_620:20200430115014p:plainf:id:chiben_620:20200520121401p:plain

古き良きドラパガエンピクシー。この選出ができる相手には強かったです。

 

f:id:chiben_620:20200429000756p:plainf:id:chiben_620:20200501112614p:plainf:id:chiben_620:20200520121401p:plain

受け回し選出。偉いけどどこからでも崩されます。あまりパワーのない構築にはステロ毒サイクル+詰ませでかなり強く出れました。

 

f:id:chiben_620:20200501112614p:plainf:id:chiben_620:20200429000756p:plain+f:id:chiben_620:20200519180500p:plainorf:id:chiben_620:20200520121401p:plain

受け寄りの構築にこの形で出すことが多かったです。カットムを出す時はトリックを絡めることが多く、ピクシーを出す時はTOD狙いが多かったです。

 

f:id:chiben_620:20200430114844p:plainf:id:chiben_620:20200430115014p:plainf:id:chiben_620:20200429000756p:plain

ごつい。極端に物理に偏っている構築にこの形で出すことがありました。

 

f:id:chiben_620:20200430114844p:plainf:id:chiben_620:20200519180500p:plain@1

攻め2選出。@1は誰でも入りますが、アーマーガアを入れた時には攻め3に近くなり、ガオガエンを入れた時には攻め2クッション1のトンボル選出になります。

 

6体ともサイクル性能が高いので他にも柔軟な選出が可能でした。

 

 

重かったポケモン

f:id:chiben_620:20200601140612p:plainジュラルドン

未来じゅら~

 

f:id:chiben_620:20200601140840p:plainリザードン

カビゴンを解雇した結果最も重くなったポケモンです。初手にピクシーを置いても鉢合わせた時にダイマターンを枯らすことしかできないことに気付いたので、本当によくない立ち回りですが、初手にドラパを置いて初手ダイマ一点読みでダイウォールから入っていました。実際全部通ったしこれをしてからリザードンに勝てるようになりました。「こっちが初手ダイマしてなかったらどうしてたんだよ!」ってキレられても「リザきついししゃあない」としか返せません。

 

f:id:chiben_620:20200601141236p:plainギルガルド

残飯がとてもしんどかったです。これもよくはない立ち回りですが、キンシに合わせてドラパで鬼火を押してからダイホロウを押していました。

 

f:id:chiben_620:20200601141552p:plainドリュウズ

砂かき、型破り問わず剣舞が非常に多く、初見の相手にはよく2秒で負けていました。なので、ドリュ入りにはなるべく積む隙を与えない選出をすることが重要でしたが、サイクルがピクシーに依存しているのでそれが難しかったです。砂かきはガエンのダイバーンやゲロゲのダイストリームからドラパルトか、最速非考慮ならカットロトムで切り返せることを頭に入れていました。

 

f:id:chiben_620:20200426021554p:plainf:id:chiben_620:20200426021714p:plainf:id:chiben_620:20200426021727p:plainガラル3バカトリオ

特に語ることなし。化石に関してはガマゲロゲのおかげで多少緩和されましたが、それでもしんどかったです。3体とも理想はドラパルトを出すことですが、受け駒が固定されているので選出の幅が狭まり難しいです。

 

 

戦績

TN:ちべん 最高2070くらい/最終1872・1716位

TN:érmïnè 最高最終2117・98位

f:id:chiben_620:20200601151536j:plain

 

 

おわりに

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。前期の30位越えを目標にしていましたが、メインを爆溶かししていたこともあり、朝に二桁圏内に入ったところでもう潜る気力がありませんでした。実力不足です。しかし、よく見る枠の人が8時過ぎから潜って順位を上げていてかっこよかったので、そういうプレイヤーになりたいと思いました。

前期21回された切断バグも今期は2回しかされず、そういった意味でのストレスの少ないシーズンでした。来期はDLC解禁前最後のシーズンになると思うし、どこまでモチベが上がるかわかりませんが、頑張っていこうと思います。けどそれより早くコジョンドを使わせてほしいです…

 

Special Thanks

・ワクワクしているロトムをくれたオデン氏

・前日にDMで励ましてくれたしょこら、スポンジさん

・最終日10分くらい通話してくれたねむねむ

・俺に新垢作らせたけどすぐ凍結して俺の垢にもロックかかって使えんくしてくれたヤブ

本当にありがとう!

 

Twitterもやっているので、フォローしてもらえると嬉しいです!

ID:@CHiBen_620