コジョンド愛

コジョンドと松浦果南と上本博紀がしゅき

【ポケモン剣盾 S5】幻影ドラパガエンピクシー【最終2132/30位】

/f:id:chiben_620:20200501111631p:plain

 

 

レンタルチーム

f:id:chiben_620:20200501093656j:plain

 

はじめに

こんにちは、ちべんです。今期の中盤からひそかに目標にしていた最終30位以内を達成することができました!TN:ちべん、TN:érmïnè で潜っていました。構築名は、自分が7世代で使っていたコジョライボムドーの幻影を追ってできた構築なのでこのようにしました。

 

構築経緯

f:id:chiben_620:20200420014114p:plain

前々期、前期と同様に、スカーフドラパルトを構築の出発点とし、今期は6体でサイクルできるように組んでいきました。

 

f:id:chiben_620:20200420014140p:plain

サイクルの中でステロを撒けるポケモンを考えました。自分が求める性能はトゲキッス対面でステロを押せることだったので、前期なごしさんが使用していた天然HDピクシーを参考にし、放射だった枠にステロを採用しました。

 

f:id:chiben_620:20200420015353p:plain

主にドラパルトのスカーフ蜻蛉から展開する、汎用的な物理受けを考えました。物理ドラパルトとヒヒダルマの氷柱落としに引けることが必須条件と考えていたので、威嚇ガオガエンを採用しました。有限ポケモンであることと鈍いカビゴンの起点阻止を行えないことがネックですが、前者はピクシーとの願い事サイクル、後者は残りの3体でカバーすることにしました。

 

f:id:chiben_620:20200420013838p:plain

カビゴンを崩す手段として、トリック(すりかえ)か、叩き落とすを覚えるサイクル要員を考えました。叩き持ちのポケモンを見ても、周りとの兼ね合いを考えた時にしっくりこなかったため、トリック(すりかえ)をできるポケモンを探すことにしました。再生技持ちの火炎玉トリックでは、チョッキをもらった時にこちらが機能停止してしまいがちなので、アタッカーの拘りトリック(すりかえ)を考え、ボルチェン要員になれることと上3体と相性のいいタイプを評価して眼鏡水ロトムを採用しました。

 

f:id:chiben_620:20200420015622p:plain

上4体の型破り地震の一貫を切るための飛行タイプを考えました。ドリュウズ地震とアイヘに投げれることが絶対条件と考えていたことと、カビゴンナットレイの処理ルートを増やしたかったことから挑発アーマーガアを採用し、高速アタッカーへの切り返しや、ステロサイクルから抜いていく駒となれるHS弱点保険型にしました。

 

f:id:chiben_620:20200420015640p:plain

サイクルを行うことが難しい前のめりな並びとの撃ち合いに強い駒を考えました。炎打点、電気打点を自然に採用することができ、ピクシーの願い事を絡めたサイクルも行うことができるABチョッキカビゴンを採用しました。

 

コンセプト

・ステロ、状態異常を絡めたサイクルから攻めへの切り替え

・数的有利を意識した攻めからの詰ませ、TOD

これらの2点を使い分ける

 

個体解説

f:id:chiben_620:20200420022907p:plainドラパルト

f:id:chiben_620:20200420022850p:plain

持ち物:拘りスカーフ

特性:すり抜け

性格:陽気

数値:191(220)-167(212)-103(60)-x-96(4)-180(12)

 H 16n-1

 A 余り

 B 陽気珠ミミッキュの+2影打ち最高乱数以外耐え

 D 端数

 S スカーフ込みで+2最速バタフリー抜き(最速アイアント抜き抜き抜き)

技構成:ドラゴンアロー/ゴーストダイブ/蜻蛉返り/鬼火

 

自分が信用して使い続けている子です。ここまで耐久に回すことで、撃ち合いにかなり強くなります。火力は控えめですが、コンセプトであるステロを絡めたサイクルで補います。ストッパーとしての性能も優秀で、S+2準速パッチラゴンや雨下準速カジリガメを抜くことができます。終盤にバタフリーにいっぱい当たったので前期よりS実数値を1伸ばしました。ドラパルトにスカーフを持たせる一番の利点はミラーでのS関係がはっきりすることだと思っているので、初手ミラーは特に理由がない限り蜻蛉を押していました。なので、より速いスカーフドラパルト相手に出落ちしてしまうこともありましたが、再戦以外では割り切っていました。このパーティにおいて、この子とダイジェットを積んだアーマーガア以外はかなり足が遅いので、そういった点でも選出する機会は多かったです。

 

 

f:id:chiben_620:20200420023023p:plainガオガエン

f:id:chiben_620:20200420023129p:plain

持ち物:フィラの実

特性:威嚇

性格:呑気

数値:202(252)-135-156(252)-100-111(4)-59

 ※S個体値2~3

技構成:地獄突き/火炎放射/蜻蛉返り/鬼火

 

物理ドラパルト、ミミッキュヒヒダルマの氷柱落とし、その他物理アタッカーの引き先です。威嚇込みなら信用できる数値を持ち、後攻蜻蛉するクッションとして優秀でしたが、ドリュウズホルード入りへのクッションとして出しづらい点や死に出しヒヒダルマに弱い点、ステロが痛い点が想像以上に弱かったです。また、眼鏡や珠の特殊ドラパルトの流行はやや向かい風でした。カビゴンに対しての一時的な引き先として安定し、叩きを覚えれば文句なしでしたが、鈍いリサイクル型が少なく残飯型が非常に多かったので鬼火だけでもよく機能してくれました。余裕がある時はピクシーの願い事サイクルにも参加させることができ、この子の性能を引き上げられたと思います。炎打点は反動を嫌ってフレドラを採用せず、ホンチよりはアーマーガアやナットレイに強そうな放射を採用し、悪打点はDDラリアットの効果が活きる場面がなかったので、ドラパルトのダイホロウとも相性のいい地獄突きを採用しました。ラスイチのニンフィアや麻痺したアシレーヌに勝ったり、ミリ耐えされて負けたりしたのでどっちでもいいです。Sは相手のガオガエンギルガルドとのS関係をはっきりさせたかったので個体値2~3で採用しましたが、1/2でも相手のガエンの下を取りたいことのほうが多かったので最遅の方がいいと思います。

 

 

f:id:chiben_620:20200420023242p:plainロトム

f:id:chiben_620:20200420023405p:plain

持ち物:拘り眼鏡

特性:浮遊

性格:真面目(控え目ミント使用)

数値:157(252)-x-127-165(196)-127-114(60)

 H 極振り

 C 余り(11n)

 S 準速バンギラス抜き(準速ギルガルド抜き抜き)

技構成:10万ボルト/ハイドロポンプボルトチェンジ/トリック

 

強力なボルチェン枠で、カバ入りやボルチェンの一貫のある構築によく出していました。この子が縛られる鉢巻ヒヒダルマの馬鹿力は、ピクシー後投げでも受からないので、ダルマ入りに初手に置くことは控えていました。ドロポンは打ちたくなくても打たなければならないのでお祈りしてました。トリックはカビゴンや受けを崩すだけでなく、アーマーガアの起点作りも行えて偉かったです。トリックで混乱したので、最終日は真面目個体に変えました。Sは激戦区で、同速ゲーも割とあったので、数値は汚くなりますがあと1伸ばしてもよかったです。

 

 

f:id:chiben_620:20200420023505p:plainアーマーガア

f:id:chiben_620:20200420023639p:plain

持ち物:弱点保険

特性:ミラーアーマー

性格:陽気

数値:205(252)-108(4)-125-x-105-130(252)

技構成:ブレイブバード/挑発/羽休め/ビルドアップ

 

引き先として使う場合は主にドリュウズに対してですが、この型なのでドリル運ゲに屈しても文句は言えません。火力が欲しい場面が多かったですが、不一致炎技などをいい感じで耐えてくれるのでHSで使っていました。遂行速度の遅さを補うための弱点保険ですが、ホルードやパッチラゴン相手によく活きました。しかし、型の認知度からトゲキッスに活きることはほとんどありませんでした。詰ませ性能は高いですが、遂行速度がとても遅くTODされてしまいがちなので、通すルートが見えても数的有利は心掛けていました。逆に、挑発と羽休めで詰ませられる相手も多いので、TODを狙う駒としても強かったです。

 

 

f:id:chiben_620:20200420023937p:plainカビゴン

f:id:chiben_620:20200420023956p:plain

持ち物:突撃チョッキ

特性:厚い脂肪

性格:意地っ張り

数値:235-178(252)-117(252)-x-130-51(4)

技構成:のしかかり/かみなりパンチ/ヒートスタンプ/ヘビーボンバー

 

雑に撃ち合う枠で、火力がそこそこあり技範囲が優秀なので、ギャラナットやミトム(ヒトム)ナットのような並びに比較的強く出られます。ギャラドスリザードントゲキッスドリュウズミミッキュあたりと撃ち合える点が強かったです。オッカ鉄壁ナットにはいっぱい負けました。ピクシーと出す時には、トリックにこの子を投げてピクシーで詰ませる動きも強力でした。雑に強いですが遅いので、雑に使いすぎると逆に自信過剰ギャラドスの起点になったりして、試合の中で役割対象は絞る必要がありました。余裕があれば願い事サイクルにも参加させられるので強かったです。

 

 

f:id:chiben_620:20200420023754p:plainピクシー

f:id:chiben_620:20200420023822p:plain

持ち物:食べ残し

特性:天然

性格:穏やか

数値:202(252)-x-93-115-156(252)-81(4)

技構成:ムーンフォースステルスロック/守る/願い事

 

間違いなくこの構築で一番頑張ってくれました。特殊受けのステロ要員は使ったことがなかったので、撒ける対面が新鮮でした。守るは残飯・願い事と相性がいいだけでなく、ロトムトゲキッスのトリックの確認、ヒヒダルマの技の確認にとても役立ちました。ナットレイが本当に多かったので放射が欲しかったですが、コンセプトであるステロは変えられませんでした。特殊方面はかなり硬いですがミトムのダイストリームやヒトムのダイバーンは受け出し不可能なので、慎重に立ち回る必要がありました。物理方面は脆いですが、ダイマさえ枯らしてしまえば火力強化アイテム以外で鋼の翼のないドラパルトや、剣舞ミミッキュに対面から勝つことができるので、勝ち筋としてよく意識していました。また、ステロが撒けた状態でのトゲキッス対面は積極的にダイマを切っていました。遂行速度が遅く、相手の追加効果を引きやすい反面、願い事守るの時間稼ぎが優秀なので、ラスイチのヒトムやキッスとの対面はTODを意識することが多かったです。ダイマ消費後の珠と眼鏡以外のキッスにはかなり負けにくいです。気を付けていたことは、この子自身のHP管理を一番大事にすることです。欲張ると不意のダイマックスでサイクルが崩壊します。

 

 

構築に求めたもの

f:id:chiben_620:20200421042405p:plainf:id:chiben_620:20200421042421p:plainf:id:chiben_620:20200309230723p:plainf:id:chiben_620:20200309230848p:plainf:id:chiben_620:20200421042451p:plain

自分は7世代で、大まかに言うと「ステロ+トンボルが基本構想で、無限サイクルも可能な構築」を使っていました。一番使い慣れた構築だったので、これに近いものを組めるように意識しました。基本選出のドラパガエンピクシーでは、ステロ+蜻蛉に加え、ピクシーの願い事で疑似的な無限サイクルが可能です。また、ビルドアーマーガアも鈍いカビゴンに近い詰ませ方ができるので、自分に使いやすいように組めたと思います。

 

選出

f:id:chiben_620:20200420014114p:plainf:id:chiben_620:20200420015353p:plainf:id:chiben_620:20200420014140p:plain

基本のステロ+トンボルの形になる基本選出です。

 

f:id:chiben_620:20200420015622p:plainf:id:chiben_620:20200420014140p:plain@1

受け回しに近い選出です。@1には誰でも入ります。アーマーガアは選出段階から通す駒と考えることもありました。

 

f:id:chiben_620:20200430114844p:plainf:id:chiben_620:20200430114916p:plainf:id:chiben_620:20200430115014p:plain

有限のトンボル選出です。攻め2クッション1の形になり、試合展開によってドラパかミトムどちらでも通していけるところが強かったです。

 

f:id:chiben_620:20200430114844p:plainf:id:chiben_620:20200430114916p:plainf:id:chiben_620:20200430114935p:plain

攻め3選出です。多少のサイクルを行いつつ、前のめりな並びと撃ち合っていました。対雨はこの選出でかなり安定していました。

 

f:id:chiben_620:20200430114844p:plainorf:id:chiben_620:20200430114916p:plain+f:id:chiben_620:20200430115014p:plainorf:id:chiben_620:20200501112614p:plain+f:id:chiben_620:20200420014140p:plainorf:id:chiben_620:20200420015640p:plain

その他汎用的なアタッカー+物理受け+特殊受けのような形になる選出ですが、6体で回せるサイクルというコンセプト通り、これら以外の選出もありました。

 

重かったポケモン

f:id:chiben_620:20200426015135p:plainジュラルドン

特殊受けのピクシーに強く、アーマーガアとカビゴンでも誤魔化すのが難しく、攻めの駒も撃ち合いで負けてしまうので、非常にしんどいです。7世代のジャラランガと戦っている感覚でした。ほぼ当たらなくてよかったです。

 

f:id:chiben_620:20200426015434p:plainエースバーン

アマガピクシーに一貫し、受け出しから勝てる駒がいないのでとてもしんどかったです。終盤多すぎて鬱になりました。7世代のバシャーモと戦っている感覚でした。

 

f:id:chiben_620:20200426021554p:plainf:id:chiben_620:20200426021714p:plainf:id:chiben_620:20200426021727p:plainガラル3バカトリオ

サイクルの宿命ですが、かなりしんどかったです。

ヒヒダルマ入りにはほとんどガオガエンを出していましたが、なるべく鉢巻地震が一貫しないように気を付けていました。理想はドラパルトの蜻蛉+アローで倒すことです。

パッチラゴンとウオノラゴンは、1度だけドラパルトを後投げできるので、持ち物を絞りつつアーマーガアなども絡めて頑張っていました。アーマーガアより速いとしんどかったです。

 

その他

f:id:chiben_620:20200429000756p:plainf:id:chiben_620:20200430111222p:plainf:id:chiben_620:20200501113938p:plainf:id:chiben_620:20200426020445p:plainf:id:chiben_620:20200501114130p:plainf:id:chiben_620:20200501113920p:plainf:id:chiben_620:20200501113756p:plainf:id:chiben_620:20200511012142p:plainf:id:chiben_620:20200511012302p:plain他、受け回しなど

 

戦績

TN ちべん 最終2075/143位

TN érmïnè 最終2132/30位

f:id:chiben_620:20200501114737j:plain

f:id:chiben_620:20200501114805j:plain

 

おわりに

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。7世代からガチ対戦を始め、手の届かないところだと思っていた最終30位以内を達成できて、本当に嬉しいです。前々期、前期とあまり時間が取れず、今期は時間が取れることがわかっていたのでかなり意気込んでいました。実際に対戦回数も2ロム合わせて500戦を超え、満足のいくシーズンとなりました。終盤に2ロム1桁に到達したときはとても嬉しかったし、最終でもそれを狙えるように頑張っていきたいです。切断バグの存在だけは残念でしたが、いいシーズンになりました。

 

Twitterもやっていますので、よかったらフォローお願いします

ID:@CHiBen_620